野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 投手の活躍目立つ サファテ離脱の鷹は苦しいか… 12球団助っ人査定パ編

投手の活躍目立つ サファテ離脱の鷹は苦しいか… 12球団助っ人査定パ編

プロ野球は27日に各地で行われた6試合でリーグ戦がひと段落となった。29日からはセパ球団が対戦する交流戦がスタートし、6カード各3試合ずつ計18試合をそれぞれ異なるリーグの球団と戦っていく。

楽天のハーマンとロッテのボルシンガー(左から)【写真:荒川祐史】
楽天のハーマンとロッテのボルシンガー(左から)【写真:荒川祐史】

西武は首位を走るも、助っ人勢の働きは…

 プロ野球は27日に各地で行われた6試合でリーグ戦がひと段落となった。29日からはセパ球団が対戦する交流戦がスタートし、6カード各3試合ずつ計18試合をそれぞれ異なるリーグの球団と戦っていく。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 パ・リーグはここまで開幕ダッシュに成功した西武が首位の座を守っている。2位に日本ハムがつけ、昨季の日本一ソフトバンクは勝率5割の3位と苦戦している。オリックスが借金1、ロッテも借金3で、上位とそれほど差は開いていない。借金12の楽天だけが遅れを取っている。
 
 各球団がそれぞれオフに補強を行い、戦力を整備して臨んだ今シーズン。ここまで各球団それぞれ45試合前後を戦ってきているが、その中で助っ人外国人のここまでの活躍はいかほどだっただろうか。以下に見ていってみよう。球団と選手名の後ろに記した点は、期待値と現時点での成績を勘案して5点満点の5段階評価とした。

◯1位:西武(27勝18敗0分)2点
ニール・ワグナー投手(3点)
18試合2勝1敗0S2H 防御率2.60
ファビオ・カスティーヨ投手(3点)
8試合2勝3敗0S0H 4QS 防御率4.50
ブライアン・ウルフ投手(2点)
4試合1勝1敗0S0H 2QS 防御率7.47
デュアンテ・ヒース投手(3点)
2試合0勝0敗0S0H 防御率4.50
エルネスト・メヒア内野手(1点)
26試合70打数17安打2本塁打7打点 打率.243

1軍出場なし
郭俊麟投手

 ワグナーが勝利の方程式に入り、まずまずの数字を残している。開幕直後、好投していたカスティーヨは徐々に数字を落とし、ウルフもここまでは防御率7点台となっている。メヒアもスタメンが外れる試合が多く、助っ人が活躍しているとは言い難い。それでいて首位に立っているのだから、日本人の活躍が目立っているということだろう。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」