野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

もう一度やりたかった「野球」― “小さな守護神”武田久の今

昨年、日本ハムを退団し、今年から古巣である社会人野球の日本通運に選手兼コーチとして復帰した武田久投手。170センチと小柄ながら、15年間のプロ生活では534試合に登板し、167セーブ、107ホールド、3度の最多セーブなど輝かしい成績を残した。そんな39歳はなぜプロの世界を離れ、社会人野球に戻ることを選んだのか。そして、どんなことを選手たちに伝えたいのか――。新たな環境でスタートを切った右腕に話を聞いた。

今季から日本通運野球部に復帰した武田久【写真:荒川祐史】
今季から日本通運野球部に復帰した武田久【写真:荒川祐史】

日本ハム一筋で通算534試合に登板、武田久の今

 昨年、日本ハムを退団し、今年から古巣である社会人野球の日本通運に選手兼コーチとして復帰した武田久投手。170センチと小柄ながら、15年間のプロ生活では534試合に登板し、167セーブ、107ホールド、3度の最多セーブなど輝かしい成績を残した。そんな39歳はなぜプロの世界を離れ、社会人野球に戻ることを選んだのか。そして、どんなことを選手たちに伝えたいのか――。新たな環境でスタートを切った右腕に話を聞いた。

トレーナーの仕事は「治療」だけではない? 日通野球部の中谷さんが重視する「予防の意識」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

————————————–

 武田は徳島の生光学園高から駒大に進み、2001年に日本通運に入社。社会人を経て、2002年のドラフトで4位指名を受け、日本ハムに入団した。昨年、同球団を退団。今年から日本通運に選手兼コーチとして復帰を果たした。

 右腕は社会人野球に復帰した理由を、優勝に向かってチームが1つになる、プロとは異なる野球をやりたかったからだと話す。

「戦力が整っていて強いものが勝つというのがプロですが、社会人はその時に勝ったものが強い。『チームとして何かやろう』という野球を、もう一度やりたいという気持ちがありました」

 自身にとって、日本ハムに入団する前に2年間在籍した日本通運での経験はとても大きかったと話す。大学までとは異なり、社会人では制球が乱れるとすぐに打たれたため、入社後は徹底的に投げ込み、変化球のコントロールを磨いた。その経験があったから、プロでも成績を残せたと振り返る。また、技術以外の面でも成長してプロに行くことができたという。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」