野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ・ドラ1安田の貪欲さを増したプロの世界「常に頭は野球のことでいっぱい」

履正社高時代も大柄だった体が一層大きくなり、“プロ仕様”に徐々に成長しているのが分かる。だが、そんな雰囲気をよそにロッテのドラフト1位ルーキー安田尚憲内野手は本音を吐露する。

ロッテ・安田尚憲【写真:沢井史】
ロッテ・安田尚憲【写真:沢井史】

2軍で見つけたプロの課題「ストレートの質が違います」

 履正社高時代も大柄だった体が一層大きくなり、“プロ仕様”に徐々に成長しているのが分かる。だが、そんな雰囲気をよそにロッテのドラフト1位ルーキー安田尚憲内野手は本音を吐露する。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

「今、ストレートが打てないんです。プロのピッチャーのストレートは質が違います。とにかく速いですね。前になかなか飛ばないんです。でも、詰まらされたら自分の負け。そうならないよう、毎日いろんなことを考えながら打席に入っています」

 24日のイースタン・リーグ西武戦で3打数1安打。レフトにしぶとく落とした1安打のみだが、3打席目では空振り三振を喫した。この試合を終えて46試合。ホームランを3本放っているとはいえ、「まだまだですね」を連呼するのは、元々の謙虚な姿勢だけではなく、本心からあふれる言葉だ。

「プロのピッチャーはレベルが高いです。それは覚悟していたんですけれど……。プロの世界に入って、毎日野球のことを考える生活の中で、どう対応していけるか。高校の時は授業を受けて、グラウンドに移動して練習して……。高校の時も一生懸命でしたけれど、プロに入ると一層必死になったというか、高校の時と比べて1打席1打席を深く考えるようになりました。これは今までにはなかったことです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」