野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

ロッテ・ドラ1安田の貪欲さを増したプロの世界「常に頭は野球のことでいっぱい」

履正社高時代も大柄だった体が一層大きくなり、“プロ仕様”に徐々に成長しているのが分かる。だが、そんな雰囲気をよそにロッテのドラフト1位ルーキー安田尚憲内野手は本音を吐露する。

すぐに溶け込んだロッテの環境も「余裕がないですね(笑)」

 生まれて初めて大阪を離れ、生まれて初めての寮生活。だが、恵まれた環境の中、気さくな先輩たちとの交流も多く、すぐに溶け込んだ。3年上には自身と同じように高卒からプロに入った平沢大河(仙台育英出身)がおり、いろいろなアドバイスも受けているという。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 ただ、プロに入ると息を抜く機会は減ったという。「余裕がないですね(笑)。外に出ることとか、あまりないんです。高校の時の同級生と外食に行くとか、チームでも外食に誘われることはありますけれど。それぐらい、常に頭は野球のことでいっぱいです」。

 日々の練習では、大村巌コーチにつきっきりの指導を受け、打撃向上に取り組んでいる。ストレートへの対処法に関してはまだ試行錯誤ではあるが、プロの速いボールに慣れ、どうバットで捕らえ、飛ばせるか。金属から木に変わったとはいえ、高校時代のような球場中を魅了する打球を早く見てみたいものだ。

「この1年の目標は、まず今の生活リズムに慣れること。早く1軍に上がりたいというのはありますが、今はこの環境についていける体を作ることですね。これからはだんだん気温も上がってきていて(2軍の試合は昼間のため)暑さとの戦いも出てきます。そこにも負けないように。これから1日1日成長していけたらと思います」

 野球に対する貪欲さは高校時代も強かったが、プロという世界はさらに安田を貪欲にさせている。ロッテの未来を背負って立つことになるであろう背番号5は、ひとつひとつの壁を乗り越えながら、着実に歩みを進めている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」