野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 「日本で何が…」 米で大活躍の元Gマイコラス直撃「小林と成長した3年だった」

「日本で何が…」 米で大活躍の元Gマイコラス直撃「小林と成長した3年だった」

元巨人のマイルズ・マイコラス投手が、4年ぶりのメジャーで快投を続けている。昨オフにナ・リーグ中地区のカージナルスと2年1550万ドル(約17億900万円)の契約を結んだ29歳右腕は、開幕以来ここまで13試合に先発して7勝2敗、防御率2.43の好成績。この活躍ぶりに、米国内では「今季屈指のサプライズ」と驚きの声が上がっている。

“逆輸入”で大活躍するカージナルスのマイルズ・マイコラス投手【写真:AP】
“逆輸入”で大活躍するカージナルスのマイルズ・マイコラス投手【写真:AP】

4年ぶり米復帰のマイコラス、7勝2敗&防御率2.43と絶好調

 元巨人のマイルズ・マイコラス投手が、4年ぶりのメジャーで快投を続けている。昨オフにナ・リーグ中地区のカージナルスと2年1550万ドル(約17億900万円)の契約を結んだ29歳右腕は、開幕以来ここまで13試合に先発して7勝2敗、防御率2.43の好成績。この活躍ぶりに、米国内では「今季屈指のサプライズ」と驚きの声が上がっている。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 2015年から3年を過ごした巨人では、62試合で31勝13敗、防御率2.18という圧倒的な数字を残した。だが、2012年にメジャーデビューしたパドレスでは2年で27試合に投げたが、いずれもリリーフ登板で2勝1敗、防御率3.44。日本へ向かう直前の2014年には、レンジャーズで10試合に先発しながら、2勝5敗、防御率6.44と苦しんだ。それが、今季はこの快投だ。かつての姿を知る人が「日本で一体何があったんだ」と首をひねるのも無理はない。

「日本で何があったのか、って?(笑) 実は技術面で変えたことはないんだ。一番大きく変わったことは、マウンド上の心構え、いや野球に限らず、生活全般での気持ちの持ち方だと思う。自分の置かれた状況をありのままに受け止め、そこでどうしたらベストを尽くせるか考え、実行する。余計なことは考えずに、手に持ったボールを捕手のミットを目掛けて投げる。その繰り返しが、ラッキーなことにいい結果につながっているんだ」

 ブレイクするきっかけを掴みたい。そう考えた時に思い出したのが、レンジャーズでチームメイトだった元広島、コルビー・ルイスの話だった。異国の地で、あらためて野球に向き合ってみるのもいいかもしれない。ローレン夫人の後押しもあり、踏み切った日本行きは、今では大きな財産と言える。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」