野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 「あのネクタイは額に入れてある」―元マーリンズGMが語るイチローとの日々

「あのネクタイは額に入れてある」―元マーリンズGMが語るイチローとの日々

6月中旬の蒸し暑いある日。フロリダ州北部にあるマーリンズ傘下2Aジャクソンビルの本拠地球場バックネット裏には、いつもと変わらず各球団のスカウトがプレーの1つ1つに厳しい目を光らせていた。そんな熟練のスカウトの中に、見覚えのある顔があった。2015年途中からマーリンズで監督代行として指揮を執ったダン・ジェニングス氏だ。2016年1月からナショナルズのGM補佐に就任して以来、時間が許す限り、自身の原点でもあるスカウト活動に出掛けているという。

ロースターを外れ、会長付特別補佐に就任したイチロー【写真:Getty Images】
ロースターを外れ、会長付特別補佐に就任したイチロー【写真:Getty Images】

元GMであり監督のダン・ジェニングス氏が回顧「特別な思い出」

 6月中旬の蒸し暑いある日。フロリダ州北部にあるマーリンズ傘下2Aジャクソンビルの本拠地球場バックネット裏には、いつもと変わらず各球団のスカウトがプレーの1つ1つに厳しい目を光らせていた。そんな熟練のスカウトの中に、見覚えのある顔があった。2015年途中からマーリンズで監督代行として指揮を執ったダン・ジェニングス氏だ。2016年1月からナショナルズのGM補佐に就任して以来、時間が許す限り、自身の原点でもあるスカウト活動に出掛けているという。

【PR】大谷翔平が復帰! 「DAZN」ならMLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

「私がレッズにスカウトとして採用されたのが1986年だから、メジャーに足を踏み入れて33年目になる。やはり野球は目で見ないとね」

 そう話すジェニングス氏の手にはスピードガンとストップウォッチが握られ、手元のメモには自分の目で見た選手の特徴が書き込まれていた。「とにかく野球が好きなんだ。球場にいる時間が一番幸せ」と、57歳を迎えても目の輝きは失われない。そんなジェニングス氏ですら「彼の野球に対する思いや姿勢は特別なもの」と一目を置くのが、現在マリナーズ会長付特別補佐となったイチローだ。「GMとしてイチと契約し、監督としてイチと戦ったマーリンズでの日々は、特別な思い出として胸に刻まれているよ」と目を細める。

 2015年1月。前年終了後にヤンキースからフリーエージェント(FA)となっていたイチローが、マーリンズと契約を結んだことは驚きのニュースとして伝えられた。本拠地マイアミは地理的にもラテン系ファンが多く、選手も必然とラテン系が多かった。当時、日本人選手が所属したことのなかった球団が、マーリンズとレッズの2球団だけ。「当時、外野で空いていたのは4番目=控えの役割だったし、まさか彼が来てくれるとは思わなかった」と振り返る。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」