野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • ハム中島、近藤、ホークス柳田…1打席あたりの被投球数でわかる打者の特性

ハム中島、近藤、ホークス柳田…1打席あたりの被投球数でわかる打者の特性

「P/PA」という指標がある。これは打者が1打席あたりに投じられる投球数の平均のことである。この数値の大小で打者のどのような性質が測れるのかについて、今季のデータを用いて考察を行ってみる。

ソフトバンク・柳田悠岐、日本ハム・中島卓也、近藤健介(左から順)【写真:荒川祐史】
ソフトバンク・柳田悠岐、日本ハム・中島卓也、近藤健介(左から順)【写真:荒川祐史】

「ファウル打ちの達人」中島をP/PAで上回る角中と近藤

「P/PA」という指標がある。これは打者が1打席あたりに投じられる投球数の平均のことである。この数値の大小で打者のどのような性質が測れるのかについて、今季のデータを用いて考察を行ってみる。

【PR】「DAZN」ならプロ野球が見放題! ”初月無料キャンペーン実施中”、登録はこちらから

「ファウル打ちの達人」と言えば、日本ハムの中島卓也を思い出すファンは多いだろう。実際2015年、2016年はNPBで最も多くのファウルを打っている。

2015年
ファウル599 1打席あたり0.97 P/PA 4.32
2016年
ファウル759 1打席あたり1.27 P/PA 4.54

 そして、1打席あたりの被投球数を示すP/PAの値もNPBトップであった。2017年は怪我や不調により出場試合数が減少し、規定打席数に到達しなかった中島であるが、ファウル打ちは健在で、1打席あたりのファウル数1.06、P/PA4.37は上位に匹敵する数値である。しかし、規定打席到達の打者でこのP/PAが中島を上回る打者が現れた。千葉ロッテの角中勝也である。そして規定打席には到達していないが、中島のP/PAを超えたのがチームメイトでもある近藤健介だ。

◯2017年
角中 452打席 P/PA 4.47
1打席あたりファウル数0.80

近藤 231打席 P/PA 4.84
1打席あたりファウル数0.66

中島 231打席 P/PA 4.37
1打席あたりファウル数1.06

柳田 551打席 P/PA 4.05
1打席あたりファウル数0.85

 なお、参考までに2017年のホークス柳田悠岐のP/PAは4.05である。

 角中や近藤のファウル数はNPBでも平均的な数であり、突出して多いわけではない。なので、ファウル数が投球数に影響している感じではなさそうだ。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」