野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷は「すぐに手術を」 米名物コラムニストが提言も…つきまとう「疑問符」

大谷は「すぐに手術を」 米名物コラムニストが提言も…つきまとう「疑問符」

エンゼルスの大谷翔平投手はメジャー1年目の前半戦を終えた。投手としては右肘靭帯損傷で離脱するまで、9試合先発で4勝1敗、防御率3.10の成績をマーク。一方、指名打者としては45試合出場で打率.283、7本塁打、22打点。いずれも好成績を残しているが、19日(日本時間20日)には右肘の再検査を行い、今後の方針を決めることになる。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

20日に再検査の予定「もしも、彼がここで手術を受ければ…」

 エンゼルスの大谷翔平投手はメジャー1年目の前半戦を終えた。投手としては右肘靭帯損傷で離脱するまで、9試合先発で4勝1敗、防御率3.10の成績をマーク。一方、指名打者としては45試合出場で打率.283、7本塁打、22打点。いずれも好成績を残しているが、19日(日本時間20日)には右肘の再検査を行い、今後の方針を決めることになる。

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 23歳の二刀流は現在、投手としての起用を一時封印し、指名打者として活躍を続けている。では、将来的にはどのような選択が最適なのだろうか――。大谷とゆかりの深い名物コラムニストは、投手としては一般的に14か月の離脱を余儀なくされる靭帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)に即時踏み切るべきだと提言している。

「彼は今週もう1度診断を受ける。投球練習を再開するのか、それとも、手術を受けるために今季シャットアウトするのか。もしも、彼がここで手術を受ければ、来年の開幕には打者としての練習再開は可能だろう。そして、投手としてのリハビリも同時に進めることができる。来季、投手としての復帰前から、DHとして起用できる。それが彼の現在地点というわけだ」

 こう語ったのは米経済誌「フォーブス」のバリー・ブルーム記者だ。MLB公式サイトの記者時代に当時日本ハムの大谷への単独インタビューを2度行っている。今季開幕前にはスプリングキャンプでの投打の不振から、「投手・大谷」の成績について「5勝8敗」と予想する一方、「打者・大谷」については勝ち星よりも少ない「ホームラン5本未満だ」と分析。その後、自身のコラムで自らの見立てが間違っていたことを潔く認めていた。

 5月13日のツインズ戦後の記者会見では「日本では1試合で最高何球を投げたのか?」と質問すると、「球数に関しては、携帯で調べればすぐに出ることなので、是非調べていただきたいと思うんですけど……」と満面の笑みで切り返された。「本人が目の前にいるんだから、直接教えてくれてもいいだろ」と食い下がる珍問答は会見場で大爆笑を生み、米国でも大きな話題になっていた。

「彼とは会見で通訳を通じて大笑いの展開になってしまったが、本当にいい青年だ。私は大いに気に入っている。オオタニは最高の選手だし、人間としても本当にいい子なんだよ」

 かつて辛口評価から“手のひら返し“に出たブルーム記者。弟キャラでクラブハウスでも人気を誇る大谷の人間性についても心酔している様子だった。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」