野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • パ・リーグ
  • 西武
  • 「ダメなら終わり」―西武5年目内野手を変えた秋山との自主トレ、水口の言葉

「ダメなら終わり」―西武5年目内野手を変えた秋山との自主トレ、水口の言葉

10年ぶりの優勝に向け、パ・リーグ首位をキープしている埼玉西武ライオンズ。6月13日には2016年のドラフト1位、今井達也投手が初先発初勝利を挙げ、新戦力として頭角を現すなど、若手の活躍にも期待がかかる。1軍を目指す若獅子たちを紹介する連載の第3回は、5月12日にプロ入り5年目で1軍初昇格を果たした金子一輝内野手だ。

西武・金子一輝【写真:篠崎有理枝】
西武・金子一輝【写真:篠崎有理枝】

2013年ドラフト4位の金子一、1年目は「入ったところを間違えた」も…

 10年ぶりの優勝に向け、パ・リーグ首位をキープしている埼玉西武ライオンズ。6月13日には2016年のドラフト1位、今井達也投手が初先発初勝利を挙げ、新戦力として頭角を現すなど、若手の活躍にも期待がかかる。1軍を目指す若獅子たちを紹介する連載の第3回は、5月12日にプロ入り5年目で1軍初昇格を果たした金子一輝内野手だ。5月22日の敵地ヤフオクドームで行われたソフトバンク戦でプロ初安打となるソロ本塁打を放つなど、前半戦は1軍で6試合に出場し、14打数5安打の成績を残した。この結果には自身も「今出せる力をしっかり出すことができた」と、納得の表情を浮かべる。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 金子一は神奈川県の日大藤沢高から2013年のドラフト4位で埼玉西武に入団。日大藤沢高では甲子園出場はなく、ドラフトで指名があった時の心境を「夢みたいな感覚だった」と振り返るが、入団1年目はイースタン・リーグで打率.145に終わり、プロのレベルの違いを痛感したという。

「入ったところを間違えたな、と思いました。ピッチャーの真っ直ぐのキレが違う。戸惑いました。最初は球の速さに慣れるのが一番だと思って、自分のできることを試そうという気持ちでした」

 2年目もわずか34試合の出場に留まり、打率は.233。3年目以降も打率は2割前後と振るわず、5年目となる今シーズンは「ダメなら終わり」という覚悟で挑んでいる。

「年数的にも同じような数字を残していたら、これで最後だと思っています。来年のこの時期があるとは思っていません。なので、次の日のことを考えるのではなく、今日できることを思いっきりやる。明日疲労が残っていても、明日考えればいいと思うようになりました」

 今年は、今までとは比較にならない練習量をこなし、練習の質にもこだわるようになったと話す。意識を変えるきっかけとなったのは、秋山翔吾外野手と行った自主トレと、水口大地内野手にかけられた言葉だった。

「秋山さんとは去年から自主トレを一緒にやらせてもらっていますが、秋山さんは野球への取り組み方やグラウンドにいる姿勢など、考え方が全く違いました。ホテルにいる時も、お風呂に入っている時も、いつも野球のことを考えている。本当に勉強になることばかりでした。秋山さんの助言で、練習に対しても考え方が変わりました。今までは『練習しなきゃいけない』という気持ちでマシンやティーを打っていましたが、練習の時間を『自分と向き合う時間』と考え、その日の状態や最近の調子を考えながら打つようにしたら、1、2時間はあっという間に過ぎるようになりました」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」