野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

無期限ファームのはずが10日で復調…ホークス武田が急遽先発で完封したワケ

突然の変貌に驚くしかなかった。ソフトバンクの武田翔太投手のことである。29日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。ウイルス性胃腸炎で先発を回避した中田賢一に代わって、代役で上がった先発マウンドで散発3安打の完封勝利をあげた。先発を伝えられたのは前日のこと。当初はウエスタン・リーグ中日戦(タマスタ筑後)で先発する予定が急遽、その日の午前中に回避となり、翌日に1軍で先発することになった。

ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】
ソフトバンク・武田翔太【写真:藤浦一都】

好調な楽天打線をわずか3安打、二塁踏ませぬ好投で今季3度目完封

 突然の変貌に驚くしかなかった。ソフトバンクの武田翔太投手のことである。29日、本拠地ヤフオクドームで行われた楽天戦。ウイルス性胃腸炎で先発を回避した中田賢一に代わって、代役で上がった先発マウンドで散発3安打の完封勝利をあげた。先発を伝えられたのは前日のこと。当初はウエスタン・リーグ中日戦(タマスタ筑後)で先発する予定が急遽、その日の午前中に回避となり、翌日に1軍で先発することになった。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

 スクランブルでの先発、さらには不振による登録抹消直後だった。降格時に首脳陣からも“無期限ファーム調整”を言い渡されていたことは伝えられており、正直、大きな期待を抱いていた人は少なかったはず……。それは、「投げる投手がいない」として武田を指名した工藤公康監督とて同じだったろう。試合後の「想像以上です」というコメントが、それを物語っている。ただ蓋を開けてみれば、3安打の完封。好調の楽天打線に二塁すら踏ませぬ圧巻の投球だったから、驚くしかない。

 武田に何が起き、わずか10日間で右腕を復調させたのか。

 復調の鍵となったのは、右腕の角度だ。「自然体で腕が通る位置を探した。本来の腕の軌道ですね。この前まではスリークォーターくらいだったけど、イメージとしては真上から投げる感じですね」。7月18日の西武戦(北九州)で2回8安打7失点と大炎上し、無期限でのファーム再調整を課された。この抹消がキッカケになった。「時間があるのでやってみよう」。理想として思い描いたのは、高卒ルーキーで8勝をマークした入団1年目のフォームだ。

 元々、幼少期には野球とともにバレーボールもプレーしていた武田。そのフォームは独特で、バレーボールのスパイクに近いものがあった。ただ右肩の故障もあって、腕の位置は肩に負担のかからないように、徐々に低くなっていた。昨季も右肩の故障があった。「1年目にあった角度が消えていたかな、と。ここ5年物足りないのは分かっていた」。

 それでも、元の形に戻せなかったのは、故障の再発をどこかで恐れていたからだという。「またやったら、という怖さがあった」。1年目の形に戻さなくとも、納得いく形を探していたが、結果は出なかった。このタイミングで“原点回帰”に踏み切ったのは、やはり己への不甲斐なさ、そして危機感だったろう。不本意ではあったが、登録抹消で、調整する時間も出来た。「思い切って挑戦してみようと思いました」。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」