野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 日本人選手
  • 「すごく近くなっている」メジャーへの距離 ヤンキース6年目、加藤豪将の今

「すごく近くなっている」メジャーへの距離 ヤンキース6年目、加藤豪将の今

ヤンキースが米在住の日本人高校生内野手をドラフト2巡目で指名――。2013年6月、驚きのニュースが日本に届いた。名門球団への入団が決まったのは加藤豪将。日本ではほとんど名前を知られていなかったが、実はMLB球団のスカウトの間ではドラフト上位候補として注目を浴びる存在だった。あれから5年。23歳になった若者は、27度の世界一を誇るヤンキースでのメジャーデビューを目指して、確実にステップアップしている。

メジャー昇格を目指し、ヤンキース傘下2Aトレントンで奮闘中の加藤豪将【写真:編集部】
メジャー昇格を目指し、ヤンキース傘下2Aトレントンで奮闘中の加藤豪将【写真:編集部】

2013年のドラフト2巡目でヤンキース入り、加藤が感じるメジャーへの距離

 ヤンキースが米在住の日本人高校生内野手をドラフト2巡目で指名――。2013年6月、驚きのニュースが日本に届いた。名門球団への入団が決まったのは加藤豪将。日本ではほとんど名前を知られていなかったが、実はMLB球団のスカウトの間ではドラフト上位候補として注目を浴びる存在だった。あれから5年。23歳になった若者は、27度の世界一を誇るヤンキースでのメジャーデビューを目指して、確実にステップアップしている。

「お久しぶりです。こんなところまで来ていただいて、ありがとうございます。日本語を話すのは3か月ぶりなんですよ。いつも英語とスパニッシュ(スペイン語)ばっかりで」

 ニューヨークから車で3時間度のところにある小さな町、ビンガムトン。敵地での試合のため、同地を訪れていたヤンキース傘下2Aトレントンの加藤は、こう話して笑みを浮かべた。米国だけでなく、中南米の国からも有望株が集結するマイナーリーグ。生存競争は過酷だが、メジャーリーグまであと2ステップというところまで這い上がってきた。

「2Aに今いるので、本当に自分としてはすごく近くなっている気がする。あと少しなので、メジャーに行くのがもちろんゴールなので、できるだけ早くいきたいです」

 2013年にヤンキースに入団した加藤は、1年目のルーキーリーグで50試合に出場。打率.310、6本塁打、25打点、OPS(出塁率+長打率).924、4盗塁という好成績を残し、ガルフ・コーストリーグのベストナインにも選出された。しかし、2014、15年と1Aチャールストンで苦戦。ルーキーリーグへの“降格“も経験した。

 それでも、昨年は1A+タンパで84試合に出場して打率.293、6本塁打、43打点と好成績をマーク。1年でステップアップし、今季、初めて2Aでプレーしている。

 入団当初は線の細さも目立ったが、体は確実に大きくなっており、2Aのチームメートと比較しても頑丈に見えるほどになった。身長188センチの加藤は「シーズン中はけっこう体重が落ちちゃうので、できるだけ食べています。200ポンド(約91キロ)くらいをできるだけ保とうとしているんですけど、スプリングトレーニングとかは195ポンド(約88.4キロ)をできるだけキープして、それをシーズン中にメンテナンスをしてキープする感じです」と話す。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」