野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

目指すは同期の甲子園V右腕 雑草魂で奮闘する西武ドラ3ルーキー

前半戦を首位で折り返した埼玉西武ライオンズ。打線は好調だが、救援陣には不安が残り、10年ぶりの優勝に向け若手の台頭にも期待が高まる。1軍を目指す若獅子を紹介する第4回目は、2017年のドラフト3位ルーキー、伊藤翔投手だ。

西武・伊藤翔【写真:篠崎有理枝】
西武・伊藤翔【写真:篠崎有理枝】

徳島の独立リーグ日本一に貢献、高校卒業から1年でプロ入り

 前半戦を首位で折り返した埼玉西武ライオンズ。打線は好調だが、救援陣には不安が残り、10年ぶりの優勝に向け若手の台頭にも期待が高まる。1軍を目指す若獅子を紹介する第4回目は、2017年のドラフト3位ルーキー、伊藤翔投手だ。

【PR】オープン戦をライブ中継&見逃し配信 西武戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 千葉県の横芝敬愛高では指名漏れを経験。高校卒業後、より早いNPB入りを目指し、独立リーグの徳島インディゴソックスに入団した。最速152キロの直球を武器に独立リーグ日本一に貢献し、見事に1年でNPB入り。さらに、春季キャンプではA班(1軍)入りし、自身が目標としていた開幕1軍も掴んだが、5月16日に出場選手登録を抹消され、現在はファームで調整を続けている。

 1軍では中継ぎで8試合に登板したが、ファームでは先発を務めており、長いイニングを投げることで新たな課題が見つかったという。

「シーズンの最初は中継ぎで投げていて、勢いだけでやっている部分がありましたが、最近はファームで先発して、ローテーションで回っているので、違った部分を感じるようになりました。中継ぎは100で行けるけど、先発はロングで投げないといけない。なので、ランナーを背負ったら力を入れますが、そこで自分の思ったボールが投げられない。徳島では先発で投げていて、8回、9回を投げても自分の思ったボールが投げられていたのに、今は投げたいボールとほど遠い。自分に腹が立ちました。もう1度、考え直さなきゃいけないと思います」

 先発した6月21日のイースタン、DeNA戦では5回を投げ8被安打、満塁打含む2被本塁打で自責点5と打ち込まれた。2本の本塁打は、自身の武器でもある直球を打ち返された。

「ストレートの力不足を一番感じました。もっと磨きをかけないといけないと思います。キャッチャーに話を聞くと、球の初速と終速が違って、球速差が出ていると言われました。だからストレートも打たれる。リリースからキャッチャーミットまでのスピードが変わらないストレートを投げるために、下半身と上半身の連動を見直し、フォームからもう一度取り組んでいます」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」