野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • 圧巻防御率も勝ち星は伸びず…メッツ右腕デグロムはサイ・ヤング賞に輝くのか

圧巻防御率も勝ち星は伸びず…メッツ右腕デグロムはサイ・ヤング賞に輝くのか

メッツのジェイコブ・デグロムが3日(日本時間4日)のドジャース戦を6回1失点で投げ、先発で25試合連続3失点以下とした。これは1985年にメッツのドワイト・グッデンがマークした24試合連続を更新するメジャー記録であった。

チームが低迷する中、快投を続けるメッツのジェイコブ・デグロム【写真:Getty Images】
チームが低迷する中、快投を続けるメッツのジェイコブ・デグロム【写真:Getty Images】

28登板のうち27登板で3失点以下もチーム低迷で勝ち星伸びず

 メッツのジェイコブ・デグロムが3日(日本時間4日)のドジャース戦を6回1失点で投げ、先発で25試合連続3失点以下とした。これは1985年にメッツのドワイト・グッデンがマークした24試合連続を更新するメジャー記録であった。「偉大な先輩と並び称されるのは光栄だ。ただ、私はチームの勝利に貢献できるように目の前の登板に集中してきただけ。これからもそれを続けていくつもりだ」と話していた。

【PR】「映像を見ないと上手くはならない」 ロッテ期待の若手・種市が語るDAZN(ダゾーン)活用法

 デグロムはこの時が今季28試合目。4月10日のマーリンズ戦で4失点だったのを除く27試合が3失点以下と、抜群の安定感を示している。防御率は当然素晴らしく、ア、ナ両リーグを通じて1位の1.68であった。

 ところが打線の援護に恵まれず、これだけ好投を続けながらも白星が増えない。この時点で8勝8敗。1985年のグッデンは3失点以下の投球を続けた24試合の間、18勝3敗だった。一方、今季のデグロムはこの25試合の間、6勝8敗と負け越している。投球内容に文句はなく、ナショナルズのマックス・シャーザーとともにサイ・ヤング賞の候補に名前が挙がっているほど。ただ、これまでの同賞受賞者を見ると、先発投手で負け越した例はない(救援投手では2002年にドジャースのエリック・ガニエが2勝3敗55セーブ、防御率1.20で受賞している。なお1979年カブスのブルース・スーターは6勝6敗37セーブ、防御率2.22と、勝ち越しゼロだった)。史上初めて、負け越しの先発投手が同賞を受けるのか、気になり始めている。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」