野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

【1軍をマクレ】ロッテ安田が燃やす闘志「負けていられない」 清宮、西巻の活躍に「いい刺激」

就任1年目の井口資仁監督の下、クライマックスシリーズ(CS)出場を目指し、最後の追い込みに入ったロッテ。昨季の最下位から「マクレ」をスローガンに躍進を狙うチームは、8月に大きく負け越してしまったが、最後まで諦めずに戦い続けている。

ロッテ・安田尚憲【写真:編集部】
ロッテ・安田尚憲【写真:編集部】

1軍昇格で見えた自身が目指すべき方向性

 就任1年目の井口資仁監督の下、クライマックスシリーズ(CS)出場を目指し、最後の追い込みに入ったロッテ。昨季の最下位から「マクレ」をスローガンに躍進を狙うチームは、8月に大きく負け越してしまったが、最後まで諦めずに戦い続けている。

【PR】NPB11球団の試合を徹底中継 ロッテ戦観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 チームは12球団では西武に次ぐ113盗塁を記録する機動力を売りとする。一方で、チーム本塁打数63は12球団で最少。今季実力が開花した井上晴哉内野手が唯一2桁アーチをかけただけだ。そんな中、将来の主砲として期待されるのが、昨年のドラフト1位・安田尚憲内野手だ。

 8月10日に念願の1軍昇格を果たしたが、6試合に出場して1安打。再び2軍に戻っていた安田は、1軍で何を学び、何を目指すのか。ロッテ若手スターをご紹介する「1軍をマクレ」第5回は、安田選手に迫る。

――――――――――――――

 188センチ、95キロの立派な体格に漂う雰囲気には、とても19歳の1年目ルーキーとは思えない落ち着きがある。高校時代には強打者として全国に名を轟かせたが、そんな安田でも念願のメジャーデビュー前日は「いやぁ、めっちゃ緊張しましたね。結構久々でした」と振り返る。

 8月11日、京セラドーム大阪でのオリックス戦。地元・大阪で迎えたデビュー戦には両親や親戚、友人もたくさん駆けつけた。緊張も興奮も喜びも「いろんな感情が合わさった上での落ち着かない感じ」で前夜を過ごしたが、「一旦試合が始まれば普通な感じはあった」という。それでも「打席での力みっていうのはまた違うもの」と実感せざるを得なかった。

「やっぱり雰囲気はファームと違うものがあったし、2軍で対戦したピッチャーでも上(1軍)で対戦すると雰囲気が変わったりする。その辺は本当に上に行って経験できて良かったなって思いますね。

 見えた課題は、もういっぱいありました。特にバッティングの方は、1球で仕留められないと、なかなかヒットにはならない。結果を求めて、どうしても振ってしまう自分がいたので、どれだけ平常心でいられるか、リラックスした状態で打席に立てるかっていうのが1つの課題になりました」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」