野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

西武、辻監督が「最高ですよ」と大絶賛 攻守で支えたベテランの存在感

西武は19日、本拠地メットライフドーム6連戦の最終日となった日本ハム戦を12-4で大勝し6連勝。優勝マジックを9とした。先発・榎田が初回に先制を許すも、3回に、源田&浅村の連続本塁打。そして4回には、プロ初スタメンとなった山田遥楓のプロ初安打&初本塁打&初打点となる2ランなどで日本ハム先発・堀を攻略した。

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】
西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

榎田が自身初の10勝をマークし、チームは6連勝で優勝マジック9

■西武 12-4 日本ハム(19日・メットライフ)

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 西武戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 西武は19日、本拠地メットライフドーム6連戦の最終日となった日本ハム戦を12-4で大勝し6連勝。優勝マジックを9とした。先発・榎田が初回に先制を許すも、3回に、源田&浅村の連続本塁打。そして4回には、プロ初スタメンとなった山田遥楓のプロ初安打&初本塁打&初打点となる2ランなどで日本ハム先発・堀を攻略した。

 連夜の打線爆発で12安打12得点で快勝だったが試合は波乱のスタートからだった。

 自身初の2けた勝利を狙う先発・榎田が初回、日本ハムの先頭・西川に死球を与えると、大田泰、中田に四球を与え1死満塁のピンチを背負う。横尾は三振に切って取り2死満塁までしたものの、鶴岡にカウント3-1から押し出し四球でノーヒットでの1点献上。試合後のお立ち台では「僕の調子が悪かっただけ。見ている方々も『今日、大丈夫か?』と思ったでしょうが、僕も正直思いました」と苦笑いを浮かべていた。

 それでも辻監督は「(初回は)いいところに投げてはいたけど、(ストライクを)取ってもらえなかった。『1点は仕方ない』と思っていたが、結果、押し出しの1点で済んだ。あそこ(2死満塁、カウント3-1)で真ん中に投げて打たれるより、結果的にはよかったのかなと思う」と合格点を与えた。

 立ち上がりこそ1点は許した榎田だったが、その後は安定した投球で5回までノーヒットピッチングを展開。7回2失点の好投で自身初となる10勝目を挙げた。「3回くらいから、(投球の)感覚を掴み出して良くなってきたけど、それは打線の点を取ってくれたから。(10勝は)奇跡、というか野手のおかげだと思います」と、大量12得点を挙げた味方打線へ改めて感謝した。指揮官も「ここ数試合、打線が援護できていなかったが、今日は打線の援護もあって、楽に投げられたんじゃないかな」と、チーム3人目の2ケタ勝利投手となった左腕の投球を振り返った。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」