野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

大好きな街・横浜で選手生活に幕――周囲を温かく和ませるDeNA後藤の思い

ハマの男がバットを置くことを決意した。後藤武敏。ゴメスと呼ばれるその男は、誰もが認める「いい人」だった。

今季限りでの現役引退を表明したDeNA・後藤武敏【写真:荒川祐史】
今季限りでの現役引退を表明したDeNA・後藤武敏【写真:荒川祐史】

「バットを振ることが大好きだから今も苦ではない」

 ハマの男がバットを置くことを決意した。

【PR】練習試合&オープン戦も徹底配信 プロ野球観るなら「DAZN」、25日まで“加入2か月無料キャンペーン”実施中

 後藤武敏。

 プロで大きな結果は残してはいないが、大きな存在感があった。

 ゴメスと呼ばれるその男は、誰もが認める「いい人」だった。

 9月も中旬、記録に残るような酷暑は終焉を迎え、秋の気配を感じるようになった。すぐ真横には自衛隊駐留施設のあるベイスターズ球場。海からの風は心なしか肌寒く、数匹のトンボも飛び交っている。少し北に行った横浜スタジアムでは、CSシリーズ進出を目指し、1軍が連日、過酷なローラーコースターのような戦いを繰り広げている。

 この時期、聞こえてくるのは威勢のいい話ばかりではない。シーズン佳境を迎え、来季以降の進退も到る所で取り沙汰される。

 広島、阪神で愛された新井貴浩。横浜、巨人で活躍したBCリーグの村田修一、ソフトバンク(前身ダイエー含む)、巨人で投げた杉内俊哉の現役引退が発表された。そしてもう1人、西武、横浜でプレーした後藤武敏もバットを置こうとしていた。

 栃木で行われた村田の引退試合は多くのメディアが取り上げた。杉内は都内ホテルで盛大に記者会見を行った。後藤は、引退発表のリリースが流された後も、ファームで若手とともにいつもと変わらず汗を流し続けた。

「ファーム生活が長くなった頃から思い始めたのは、今が大事だからしっかりやろうということ。チャンスもいつか来る、と思い続けていた。それにチャンスをもらえなくても、野球を、バットを振ることが大好きだからね。あとは自分がそうだからかもしれないけど、周囲も自分を見ていると思うから。みんな頑張っているのに雰囲気は壊したくない。それに今やっていることは、今後の野球人生にもつながると思う。まぁ、そう思いたいですしね」

 ファームのデイゲームにあわせて朝早い時間から球場入り。ユニホームに着替えるとグラウンドへ飛び出していった。その姿は引退発表前と全く変わらなかった。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」