野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平は新人王になるべき? 地元紙が大特集 他球団番記者にもアンケート

大谷翔平は新人王になるべき? 地元紙が大特集 他球団番記者にもアンケート

エンゼルスの大谷翔平投手は今季打者として打率.289、22本塁打、61打点、投手としては4勝2敗、防御率3.31という二刀流の活躍で、ア・リーグ新人王の有力候補に挙げられている(現地9月28日現在)。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

名物コラムニストのヘイマン氏とスターク氏は大谷推し

 エンゼルスの大谷翔平投手は今季打者として打率.289、22本塁打、61打点、投手としては4勝2敗、防御率3.31という二刀流の活躍で、ア・リーグ新人王の有力候補に挙げられている(現地9月28日現在)。2001年のイチロー(マリナーズ)以来、日本人メジャー選手で4人目の新人王は誕生するのだろうか。栄冠を決める投票権を持つ米記者からは、大谷の受賞を確実視する声から迷う声まで、賛否両論が出ている。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! 大谷翔平を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

「エンゼルスのショウヘイ・オオタニが終盤に追い上げて新人王候補に」と特集したのは、地元紙「オレンジカウンティ・レジスター」だった。

 今季開幕直後、投打に渡る活躍で米国で二刀流センセーションを巻き起こした大谷は、ア・リーグ新人王獲得は確実視されていたが、6月に右肘靱帯の損傷で戦列を離れ、賞レースから脱落したかに見えた。だが、7月に打者として復帰以来、類い稀なる才能を発揮。「あらゆる意見を総括すると、エンゼルスの二刀流スターが新人王のトロフィーを獲得する可能性が高いということだ」と、終盤戦の大活躍で一気に大本命に躍り出たと分析している。

 すでに名物コラムニストのジョン・ヘイマンとジェイソン・スターク両記者は、自らのコラムで大谷に投票することを宣言。さらにはMLB公式サイトが賞レースの投票権を持つ米野球記者協会(BBWAA)の記者36人にアンケート調査を行った結果、26人が大谷を新人王1位と格付けしたことも伝えている。

 球界の流れとしては大谷優勢に見えるが、ア・リーグ他球団の番記者から様々な意見が出ているようだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」