野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平の“格安”メジャー1年目を米メディア総括「莫大な金額を逃した代わり…」

大谷翔平の“格安”メジャー1年目を米メディア総括「莫大な金額を逃した代わり…」

メジャー挑戦1年目で、二刀流の一大旋風を巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平投手。右肘の内側側副靭帯損傷で一時戦線を離脱し、投手としては10試合の登板にとどまったが、打者として104試合に出場して打率.285をマーク。キャリアで最多となる22本塁打を放ち、61打点を記録した。

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

大谷の野球に取り組む姿勢を評価「辛抱強く、雑念を寄せ付けない」

 メジャー挑戦1年目で、二刀流の一大旋風を巻き起こしたエンゼルスの大谷翔平投手。右肘の内側側副靭帯損傷で一時戦線を離脱し、投手としては10試合の登板にとどまったが、打者として104試合に出場して打率.285をマーク。キャリアで最多となる22本塁打を放ち、61打点を記録した。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 チームはポストシーズン進出を逃し、早々とシーズンが終了。大谷はレギュラーシーズン終了翌日の10月1日(日本時間2日)に右肘の靭帯再建手術(トミー・ジョン手術)を受け、来季の打者復帰、そして2020年の二刀流復活に向けてリハビリを進めていくことになる。

 日本ハムから海を渡り、メジャー1年目で驚くべき活躍を見せた大谷。ポスティングシステムを利用しての移籍となったが、2016年12月に結ばれた新労使協定でメジャー最低保障の54万5000ドル(約6200万円)という“破格の安さ”で夢だったメジャーの舞台に身を投じた。その激動の1年を、AP通信が振り返っている。
 
「オオタニがエンゼルスに入団することを決めて以降、辛抱強く、そして雑念を寄せ付けない彼の野球に対するアプローチは常に顕著だった」と、大谷の野球に取り組む真摯な姿勢を称賛。「日本でもう数年待っていれば得られたはずの莫大な金額を彼は逃したのだ。その代わりに、彼は駆け足でアメリカに渡り、投手・打者の両方でメジャーを席巻する長期にわたるプロセスを開始した」と、大金には目もくれず、自身の夢に邁進した二刀流右腕の歩みを称えている。

 今季は投手、打者としてシーズンをスタートさせた大谷。オープン戦での苦戦が嘘のように、開幕から結果を残して米国にもセンセーションを巻き起こした。6月7日(日本時間8日)に靭帯損傷が見つかり離脱。7月3日(同4日)に打者として復帰した。9月2日(3日)には投手復帰を果たしたが、新たな靭帯損傷が見つかった。それでも、すぐには手術には踏み切らず、シーズン終了まで打者としての出場を続け、結果、自己最多の22本塁打を放った。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」