野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤンキース地区Sでミス連発の審判に批判続出 「笑ってしまうほど酷い試合」

ヤンキース地区Sでミス連発の審判に批判続出 「笑ってしまうほど酷い試合」

ヤンキースは8日(日本時間9日)、本拠地での地区シリーズ第3戦でレッドソックスに1-16で敗れ、1勝2敗と宿敵に王手をかけられた。伝統の一戦で宿命のライバルに追い詰められ地元メディアから批判を浴びているが、厳しい視線を突きつけられているのが一塁塁審のアンヘル・エルナンデス氏だ。

ヤンキース対Rソックス戦で一塁塁審を務めたアンヘル・エルナンデス氏【写真:Getty Images】
ヤンキース対Rソックス戦で一塁塁審を務めたアンヘル・エルナンデス氏【写真:Getty Images】

4回までにチャレンジで3度判定が覆る

■レッドソックス 16-1 ヤンキース(日本時間9日・ニューヨーク)

【PR】大谷翔平を「DAZN」で観戦! MLB&NPB見放題、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 ヤンキースは8日(日本時間9日)、本拠地での地区シリーズ第3戦でレッドソックスに1-16で敗れ、1勝2敗と宿敵に王手をかけられた。伝統の一戦で宿命のライバルに追い詰められ地元メディアから批判を浴びているが、厳しい視線を突きつけられているのが一塁塁審のアンヘル・エルナンデス氏だ。ポストシーズンの大一番でまさかの誤審3連発で地元メディアから「笑ってしまうほど酷い試合」「ヤンキースよりも酷い」と大バッシングを受けている。

 本拠地ヤンキースタジアムで歴史的大敗を喫したヤンキース。3回6失点のエース右腕ルイス・セベリーノ投手やアーロン・ブーン監督もファンやメディアから批判を受けているが、最も悪目立ちしたのは審判だった。

「アンヘル・エルナンデス審判はア・リーグ地区シリーズ第3戦でヤンキースよりも酷い試合をする」。こう特集したのは地元紙「USAトゥデー」だった。

 誤審3連発の皮切りは2回裏だった。ヤンキースのグレゴリアスは一塁方向にバントを試み、一塁のエルナンデス塁審は一旦セーフと判定したが、チャレンジの結果、アウトと発覚。3回にはヤンキースのトーレスが遊ゴロでアウトと判定を下したが、ヤンキース側のチャレンジでセーフと発覚。そして、4回グレゴリアスは併殺打となったが、再びアウトのコールはヤンキース側のチャレンジで覆ると、誤審のハットトリックが完成した。

 中継局TBSでポストショーの解説を務めた元レッドソックスのペドロ・マルティネス投手も「アンヘルは酷かった。メジャーリーグはアンヘルについてどうにかしなければいけない。彼がMLBを何度訴えようが、関係ない。彼は最低の審判だった。我々の番組開始が遅れた最大の理由だ」と一刀両断したという。

 エルナンデス氏は常日頃から誤審連発で評価が低く、昨年夏にMLBに対してワールドシリーズなどの大舞台を任せられず、昇級できない理由は人種差別と訴え出て物議を醸していた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」