野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

新生楽天“松坂世代”で攻撃力アップ狙う 平石新監督「打球速度を上げる」

10月17日、東北楽天を率いる平石洋介新監督が、正式に指揮官へ就任してから初めてチーム練習を見届けた。球団OB初の青年監督は現在、どのようなことから着手しようとしているのだろうか。本拠地・楽天生命パークで、現在の取り組みと新シーズンに向けた意気込みを語った。

楽天・平石監督【写真:(C)PLM】
楽天・平石監督【写真:(C)PLM】

新監督として初めてチーム練習を見届ける

 10月17日、東北楽天を率いる平石洋介新監督が、正式に指揮官へ就任してから初めてチーム練習を見届けた。球団OB初の青年監督は現在、どのようなことから着手しようとしているのだろうか。本拠地・楽天生命パークで、現在の取り組みと新シーズンに向けた意気込みを語った。

【PR】2018年のNPB&MLBを「DAZN」でプレイバック! ”初月無料キャンペーン”実施中、充実のスポーツコンテンツ

――正式に監督就任が決まり、現在はどのような気持ちでしょうか

「今年は皆が悔しい思いをしたので、なんとかもう一回チームを立て直そうという気持ちです」

――新たなコーチを迎えてのスタートとなります

「外から見てくれていましたが、合流は今日からですので細かいところでまだ分からないところがあります。そこはしっかりとコミュニケーションをとりながらやっていきたいです」

――今年まで現役でプレーされていた、監督と同じ世代のコーチも加入されました

「小谷野(栄一1軍打撃コーチ)にしても後藤(武敏2軍打撃コーチ)にしても、今年まで現役でした。現役でなければ分からないことも絶対にあると思うので、そこに期待しています。彼らも現役のときからいろいろと考えながらやっていた人間ですので、本当に頼りにしています」

――秋季練習はどのようなことがテーマとなりますか

「シーズンが終わって休みましたので、まずは体を起こす。そして次のクールから徐々にやっていこうと思うのですが、チームとしてではなく個々のレベルアップがテーマです。特に野手は、まず打球速度を上げること。スイングスピードもそうですが。あとはアジリティを鍛えてスピードを伸ばす。この2つは全体の強化ポイントにしています。打つにしても、走るにしても、守るにしても課題や伸ばしたいところがあるので、それぞれ取り組むつもりです」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」