野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

オリックス戦力外から育成契約へ… 元球宴右腕・塚原は軟式片手に復活を目指す

2016年のオールスターに大谷翔平投手と共にパ・リーグの投手陣に名を連ねた右腕も戦力外通告を受けた一人だ。オリックスの塚原頌平投手。2010年にドラフト4巡目で指名を受け入団した右腕は来季からは育成契約として再び2桁の背番号を追い求めることになった。

これまで3度の右肘手術を経験し現在は軟式ボールでリハビリを続けている

 これまでプロ入りしてから右肘の手術を3度経験。チームNo1のポテンシャルを持っていながら右肘がそれを邪魔する。結果を残す年があっても続かない“隔年投手”が塚原にとって一番の問題点だった。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 現在は球団施設でトレーニングに励み、キャッチボールの距離は30メートル程まで伸びた。たが、使うボールは軟式ボールだ。2軍でリハビリを行っている時に様々なアドバイスを受ける中で、今まで違った方法を試すことに決めた。

「今までは痛みを体が覚えていて、フォームを崩してまた痛める。それの繰り返しだった。一旦、神経に対して感覚を一回変えてみようと。少しづつですが軟式で徐々に力を入れて投げていこうと思っています」

 かつてのエース・小松聖(現2軍投手コーチ)から受け継いだ背番号「28」はわずか2年で剥奪。塚原はもう一度、「28」を背負う存在になるため必死にリハビリを続けている。現役時代、1軍登板が減少しても懸命に2軍で練習する先輩の姿は今も目に焼き付いているだけに「もう一度、1軍の舞台で投げられるように。このまま終わったら小松さんに笑われますから。ラストチャンスと思って全てを懸けます」と力を込めた。

 先輩同様に魂を込めた投球スタイルで打者と対峙する姿をもう一度見せることができるか。若手が台頭するオリックス投手陣の中で塚原の勝負の1年はもう始まっている。

(橋本健吾 / Kengo Hashimoto)

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」