野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷の1年目、トラウト全盛期を「棒に振る決断」 米誌が今季のエ軍を“酷評”

大谷の1年目、トラウト全盛期を「棒に振る決断」 米誌が今季のエ軍を“酷評”

大谷翔平投手の所属するエンゼルスは今季80勝82敗と負け越し、ア・リーグ西地区4位に終わった。序盤に快進撃を見せたが、先発投手を中心に故障者続出の影響で失速したチームは、トレード期限に次々と主力を放出。来季以降の立て直しに舵を切った。

エンゼルス・大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】

西地区4位に終わったエンゼルス、トラウトの全盛期を「無駄にし続けている」

 大谷翔平投手の所属するエンゼルスは今季80勝82敗と負け越し、ア・リーグ西地区4位に終わった。序盤に快進撃を見せたが、先発投手を中心に故障者続出の影響で失速したチームは、トレード期限に次々と主力を放出。来季以降の立て直しに舵を切った。米メディアは今季のエンゼルスを総括し、「トラウトの全盛期とオオタニのルーキーシーズンを台無しにした」と酷評している。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 レッドソックスのワールドシリーズ制覇で幕を下ろした2018年シーズン。米専門誌「スポーツ・イラストレーテッド」はメジャー30球団の総括企画を行い、3年連続の負け越しとなったエンゼルスについては厳しい言葉が並んでいる。

「メジャー史上最も偉大な10選手のうちの1人の全盛期を無駄にし続けていることだけでは物足りず、エンゼルスはショウヘイ・オオタニのルーキーシーズンも棒に振ることを決断したのだ」

 シーズン途中で主力放出に踏み切ったエンゼルス。今季3度目のMVP受賞に向け有力候補に名前が挙がるマイク・トラウト外野手に加え、メジャー1年目で二刀流センセーションを巻き起こした大谷を抱えながら、ポストシーズン争いを途中で放棄した球団の方針を酷評している。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」