野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 「この男は全てを持っている」―トラウトが改めて明かした大谷翔平の衝撃

「この男は全てを持っている」―トラウトが改めて明かした大谷翔平の衝撃

日本人では2001年のイチロー(マリナーズ)以来17年ぶりの新人王受賞の期待がかかるエンゼルス・大谷翔平投手。10月上旬に二刀流右腕を同誌の新人王に選んだ米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」はこの度、大谷の特集記事を掲載している。

エンゼルス・大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(左)とマイク・トラウト【写真:Getty Images】

当初は懐疑的で「二刀流なんてありえないと思っていた」

 日本人では2001年のイチロー(マリナーズ)以来17年ぶりの新人王受賞の期待がかかるエンゼルス・大谷翔平投手。10月上旬に二刀流右腕を同誌の新人王に選んだ米野球専門誌「ベースボール・アメリカ」はこの度、大谷の特集記事を掲載している。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 同誌は大谷のチームメートで2度リーグMVPに選ばれているマイク・トラウト外野手、今季4年ぶりにポストシーズンに進出したアスレチックスで主力として活躍したスティーブン・ピスコッティ外野手、ジェド・ラウリー内野手にインタビュー。メジャーを牽引する3選手は、大谷を絶賛している。

 まずはトラウトだ。「二刀流なんてありえないと思っていた」と当初は懐疑的だったことを同誌の取材に対して明かしつつ、スプリング・トレーニングで大谷のプレーを見て「彼が投げて打つのを見た時に『この男はここで成功するのに必要な全てを持っている』と思った。100マイル(約161キロ)を投げ、500フィート(約152メートル)の本塁打を打てる。アンビリーバブルだった(信じられなかった)」と考えが変わったという。

 そして球界ナンバー1選手の呼び声が高い男が目を見張るのは、大谷の飽くなき向上心だ。「彼は『向上し続けたい』と思っていて、その闘争心を消すことはできないんだ。(彼がしたことをするには)素晴らしい心構えを持っていなければならない。自分に厳しくなければならない」と称賛。記事の中で、野球への心構えだけでなく、大谷の持つ人間性も称えている。「彼は質問をたくさんするんだよ。それに彼が怒っているところを見たことがない。いつも笑顔なんだ。恐ろしいね。今年は良い成績を残したが、メジャーリーグを学んで理解するまで待ってみよう」と今後への期待も口にしている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」