野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷か、アンドゥハーか…新人王の行方巡り米ファン“激論”「二刀流だから…」

大谷か、アンドゥハーか…新人王の行方巡り米ファン“激論”「二刀流だから…」

2018年ア・リーグ新人王の最終候補3人が5日(日本時間6日)に発表され、エンゼルスの大谷翔平投手にミゲル・アンドゥハー内野手、グレイバー・トーレス内野手のヤンキース勢2人を加えた3人が名を連ねた。大谷とアンドゥハーのどちらかが有力と見られており、地元ファンの意見も割れている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ア・リーグ新人王は大谷とアンドゥハーの一騎打ちか

 2018年ア・リーグ新人王の最終候補3人が5日(日本時間6日)に発表され、エンゼルスの大谷翔平投手にミゲル・アンドゥハー内野手、グレイバー・トーレス内野手のヤンキース勢2人を加えた3人が名を連ねた。大谷とアンドゥハーのどちらかが有力と見られており、地元ファンの意見も割れている。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 すでに、全米野球記者協会(BBWAA)の記者による投票は終わっているが、果たして誰が選出されるのか。大谷はベーブ・ルース以来100年ぶりとなる二刀流で話題を呼び、投手として10試合に投げて、4勝2敗、防御率3.31、打者として104試合に出場し、打率.285、22本塁打、61打点、OPS(出塁率+長打率).925、10盗塁の好成績をマーク。ここにきて最有力候補との声が高まっているが、アンドゥハーも名門ヤンキースの三塁レギュラーとして、149試合出場で打率.297、27本塁打、92打点、OPS.855を記録しており、新人王に推す声は根強い。

 負傷離脱があったものの、投打で規格外のパフォーマンスを見せた大谷か。シーズンを通して活躍し、例年ならば新人王選出はほぼ確実と見られる成績をマークしたアンドゥハーか。シーズン開幕前からヤンキースの超有望株として期待されていたトーレスは可能性が低く、2人の一騎打ちとなりそうだ。

 MLB公式ツイッターは「あなたにとっての2018年ア・リーグ新人王最終候補」と記し、3人の名前を列挙。この投稿のコメント欄では、ファンの“激論”が繰り広げられている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」