野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷が超一流から認められる理由とは エ軍OB「彼らが絶対にできないことだから」

大谷が超一流から認められる理由とは エ軍OB「彼らが絶対にできないことだから」

ア・リーグ新人王の最終候補に名前を連ねたエンゼルスの大谷翔平投手。米国では最有力との見方が強く、受賞に期待が高まっている中、DAZNではオフの新番組「Home of Baseball」の配信を2日から開始。第1回はエンゼルス・大谷翔平の特集で、投手編(2日から)、野手編(9日から)に分けてルーキーイヤーを様々な角度から分析している。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ルーティンを捨ててでも大谷に勝ちにいったバーランダーとベッツ

 ア・リーグ新人王の最終候補に名前を連ねたエンゼルスの大谷翔平投手。米国では最有力との見方が強く、受賞に期待が高まっている中、DAZNではオフの新番組「Home of Baseball」の配信を2日から開始。第1回はエンゼルス・大谷翔平の特集で、投手編(2日から)、野手編(9日から)に分けてルーキーイヤーを様々な角度から分析している。

【PR】スポーツを観るなら「DAZN」! 野球コンテンツも充実、”初月無料視聴可能” 登録はこちらから

 日米通算2148安打、484本塁打のアンドリュー・ジョーンズ氏、エンゼルスOBで現在はオリックスのシニアアドバイザーを務める長谷川滋利氏、元レイズ(デビルレイズ)の岩村明憲氏らが登場する中、エンゼルスのOBであり、地元テレビ局の中継解説者を務めるMLB132勝のマーク・グビザ氏がこの1年を振り返り、大谷の魅力を語り尽くした。

 他のメジャーリーガーは大谷をどう見ているのか。大谷はMLBルーキーイヤーの今年、印象に残った対戦相手に、自分が投手として対戦し、特大の本塁打を打ち込まれたムーキー・ベッツ(レッドソックス)、打者として初対戦で三振に打ち取られたが、その後ホームランを打つなど見応え充分の対決を繰り返したジャスティン・バーランダー(アストロズ)の名を挙げている。

「選手は誰もできないことをやってのける選手を見るのが好きです。バーランダー、ベッツはもちろん、ホセ・アルトゥーベ(アストロズ)やジャンカルロ・スタントン、アーロン・ジャッジ(ともにヤンキース)など超一流の選手たちがオオタニに注目しています。オオタニが、彼らが絶対にできないことをしているからです」と、大谷の存在が現役のトップ選手たちからも認められていることを明かした。

 バーランダーとは、5月16日(同17日)には3三振とひねられたが、7月21日(同22日)の対戦では右翼への二塁打。そして8月25日(同26日)には、バックスクリーンに特大の14号2ラン本塁打。グビザ氏は「バーランダーは『オオタニがすぐに的確に修正してきて、とても驚いた』と言っていました」という逸話も紹介した。バーランダーは、のちに米スポーツ専門メディア「スポーティングニュース」に対し、初対戦の打者には投げないスライダーを投げて大谷から三振を奪ったことを明かしている。さらに、同じ試合の9回には大谷のバットに空を斬らせ、2500奪三振を達成した。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」