野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

溢れるヤクルト愛…ギター番長・古市コータロー氏が語る「ヤクルト=Mod説」

ヤクルトを1970年代から応援し続ける筋金入りのファンがいる。キャリア30年を超えるバンド「ザ・コレクターズ」のギタリスト、古市コータロー氏だ。日本を代表するモッズバンドのギター番長が、日本で唯一“モッズ魂”を感じる球団だと語るヤクルト。第1弾はヤクルトの話はもちろん、”世界の王”との秘話も飛び出した。

古市コータロー氏(左)とオカモト“MOBY”タクヤ氏が野球について熱く語った【写真:NBNL】
古市コータロー氏(左)とオカモト“MOBY”タクヤ氏が野球について熱く語った【写真:NBNL】

MOBY氏と9月5日に神宮球場でヤクルト対中日を生観戦

 ソフトバンクが2年連続日本シリーズ制覇を果たし、幕を閉じた今季プロ野球。セ・リーグでは球団史上初となるリーグV3達成の広島が安定感ある強さを見せつけたが、昨季の球団ワースト96敗から2位へ大きく躍進したヤクルトの快進撃もペナントレースを盛り上げた。

 そんなヤクルトを1970年代から応援し続ける筋金入りのファンがいる。キャリア30年を超えるバンド「ザ・コレクターズ」のギタリスト、古市コータロー氏だ。日本を代表するモッズバンドのギター番長が、日本で唯一“モッズ魂”を感じる球団だと語るヤクルト。第1弾はヤクルトの話はもちろん、”世界の王”との秘話も飛び出した。

 お相手を務めたのは、おなじみFull-Countプレゼンツ「NO BASEBALL, NO LIFE.」(FMおだわら)でメインMCを務めるオカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO)だ。

――――――――――――

MOBY「さて、今回のゲストは念願叶っての登場となりますボクの大先輩、ザ・コレクターズの古市コータローさんです。コータローさんといえば、生まれも育ちも東京で、知る人ぞ知る大のヤクルト・スワローズのファンということで、実はこの取材の前に一緒に神宮球場で対中日ドラゴンズ戦を観戦させてもらいました」

古市「でも、毎試合観てたのは20年以上前でね、今は年に1、2回観に行くくらいなんだけど、それでも大丈夫かな?」

MOBY「もちろんです! 今日はコータローさんと『野球』というテーマで、音楽の話はしませんから(笑)。野球の話だけたっぷりお聞きするインタビューです」

古市「お、いいね。でも、平日なのにお客さん入ってたよね。外野席が売り切れだって。昔は外野に人なんか入ってなかったからね。昭和50年だったかな? 後楽園球場が人工芝になった頃、売店で人工芝を売ってたんだよ。今じゃありえないけど、当時はうぉーっ!って。文庫本ぐらいの大きさにカットされたやつを買って帰りましたよ(笑)」

MOBY「今日(9月5日)は『生ビール半額ナイター』ということもあったと思いますが、一塁側、ライトスタンドはあっという間に売り切れて、今回は三塁側に近いレフトスタンドで観戦しました」

古市「初めてだよ。神宮であっち側に座ったの(笑)」

MOBY「えーっ! これだけ長く神宮に通われて、三塁側は初めてだなんて」

古市「うん。でも、見える景色が一塁側とは違ってなんか新鮮だったよ。ピッチャーの角度的にテレビを観てるような気分だったね」

MOBY「確かにそうでしたね。球場の景色って見る位置によって違うんですよね。球場から眺める外の(東京の)景色っていうのも、これまたいいんですよ。それこそコータローさんは40年以上神宮で観戦されていますけど、今と昔では球場に来るお客さんの野球の楽しみ方っていうのもやっぱり変わってきてますよね?」

古市「そうだね。今でも年に1回、2回は必ず神宮球場に行くけど、92年とか、それこそもっと前の70年代から比べると、大人しくなってる気がするよね。でも、それは決して悪いことじゃなくてね。『わきまえてる』って気がする。それは僕らのロックのコンサートでも言えることなんだけど、お行儀が良くなったというよりも、周りの空気を読んで各々で考えて楽しんで見てくれている気がするんだよね。

 僕らの時代は勝手にグラウンドに降りたりとかね(笑)。取りようによっては、そういうことがなくなって寂しくなったという人もいると思うけど、時代に即した観戦をしているというか、未来を感じますよ。応援もひと昔前の強制みたいな感じもないしね。勝ち負けだけじゃない面白いところをちゃんと観ようっていう雰囲気があって、僕はとてもいいことだと思いますよ。ほんとロックと似ていて進化してると思う」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」