野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ヤクルト大好きのギター番長・古市コータロー氏 野球少年が音楽を選んだ理由

ヤクルトを1970年代から応援し続ける筋金入りのファンがいる。キャリア30年を超えるバンド「ザ・コレクターズ」のギタリスト、古市コータロー氏だ。第3回は、日本を代表するモッズバンドのギター番長が、リトルリーグ時代、そして野球ではなくギターを選んだ理由を明かす。

古市コータロー氏が自らの少年時代を語った【写真:NBNL】
古市コータロー氏が自らの少年時代を語った【写真:NBNL】

リトルリーグ時代は強気なアンダースロー

 ソフトバンクが2年連続日本シリーズ制覇を果たし、幕を閉じた今季プロ野球。セ・リーグでは球団史上初となるリーグV3達成の広島が安定感ある強さを見せつけたが、昨季の球団ワースト96敗から2位へ大きく躍進したヤクルトの快進撃もペナントレースを盛り上げた。

 そんなヤクルトを1970年代から応援し続ける筋金入りのファンがいる。キャリア30年を超えるバンド「ザ・コレクターズ」のギタリスト、古市コータロー氏だ。第3回は、日本を代表するモッズバンドのギター番長が、リトルリーグ時代、そして野球ではなくギターを選んだ理由を明かす。

 お相手を務めたのは、おなじみFull-Countプレゼンツ「NO BASEBALL, NO LIFE.」(FMおだわら)でメインMCを務めるオカモト“MOBY”タクヤ(SCOOBIE DO)だ。

――――――――――――

MOBY「さて、また少年時代の話に戻るんですけど、コータローさんはピッチャーをやってたんですよね?」

古市「そう。少年野球でピッチャーをやっていて、よせばいいのにアンダースローで投げててね。結局、ギターほどはうまくはならなかったね。僕は頭にくるとバッターによくぶつけてたんですよ、もろに」

MOBY「もろに(笑)」

古市「中学の春の大会の時にね、頭にきてさ、バッターにぶつけまくってたら審判に怒られてちゃってね。結局、退場になったんです(笑)。球は速かったんだけどノーコンだったんだよね」

MOBY「そういえば去年(2017年)、久しぶりに野球をされましたね」

古市「やったね。『風とロック芋煮会』というイベントで、ピッチャーは僕しかいないということになって。全然投げてなかったから、高校野球をやっていた仲間たちを招集して特訓して、なんとか投げられるようになってね」

MOBY「投げたのは1イニングですか?」

古市「いやいや、2イニング投げた」

MOBY「2イニング!?」

古市「そう。解説は古田(敦也)さんですよ。で、僕がマウンドに立っていたら『古市投手はどんな球を投げるんでしょう?』なんて解説が向こうから聞こえてくるの。もう緊張しちゃってね(笑)。でも、2イニング無失点でしたよ」

MOBY「無失点はすごいですね! でも、古田さんに見られてマウンドに立つコータローさんて、92年、93年と立場が逆じゃないですか?(笑)」

古市「そうだね(笑)。やっぱり子供の頃、野球選手になりたかったんだよね。自分は白黒はっきり決着がつくものがやりたくてね。でも、結局白黒つかない音楽の世界に進んだけど」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」