野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • MLB新人王、大谷&平野が得票 6年ぶり両リーグ得票で日本人得票者は20人に

MLB新人王、大谷&平野が得票 6年ぶり両リーグ得票で日本人得票者は20人に

MLBの最優秀新人(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)は、1947年に始まった。NPB出身の日本人選手も1995年の野茂英雄(ドジャース)以来、今年の大谷翔平まで4人が最優秀新人を受賞しているが、それ以外にも16人が得票している。

エンゼルス・大谷翔平(左)とダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平(左)とダイヤモンドバックス・平野佳寿【写真:Getty Images】

松井秀、高津は得票数2位に泣く 大塚は3位

 MLBの最優秀新人(ルーキー・オブ・ザ・イヤー)は、1947年に始まった。NPB出身の日本人選手も1995年の野茂英雄(ドジャース)以来、今年の大谷翔平まで4人が最優秀新人を受賞しているが、それ以外にも16人が得票している。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 第1回の受賞者は黒人初のメジャーリーガーと言われたジャッキー・ロビンソン(ドジャース)だ。1948年まではナショナル・リーグだけの賞だったが、1949年からは両リーグで1人ずつ選出されている。

 MLBの最優秀新人は、全米野球記者協会(BWAA)に所属するベテラン記者の投票によって選出される。各記者は3票を持ち、1~3位の順位付けをして投票をする。1位票は5点、2位票は3点、3位票は1点となり、その合計点で最優秀新人は決定する。

 過去にMLBでプレーした日本人選手で最優秀新人にエントリーされた選手と、その年の得票数を見ていこう。人数は選考した記者の数。()内はその選手に1位票を入れた記者の数。

〇1995年 ナ・リーグ 28人
1.野茂英雄(ドジャース) 118(18人)
2.チッパー・ジョーンズ(ブレーブス)104(10人)
3.キルビオ・べラス(マーリンズ)14(0人)

 この年はのちに殿堂入りした大打者チッパー・ジョーンズと野茂の接戦になり、僅差で野茂が選ばれた。

〇2000年 ア・リーグ 28人
1.佐々木主浩(マリナーズ) 104(17人)
2.テレンス・ロング(アスレチックス)83(7人)
3.マーク・クイン(ロイヤルズ) 56(4人)

〇2001年 ア・リーグ 28人
1.イチロー(マリナーズ) 138(27人)
2.C・C・サバシア(インディアンス)73(1人)
3.アルフォンソ・ソリアーノ(ヤンキース) 35(0人)

 イチローはこの年、MVPも獲得。最優秀新人とMVPの同時受賞は、1975年のフレッド・リン(レッドソックス)以来、史上2人目だった。

〇2002年 ナ・リーグ 32人
1.ジェイソン・ジェニングス(ロッキーズ)150(27人)
2.ブラッド・ウィルカーソン(エキスポズ)57(2人)
3.オースチン・カーンズ(レッズ)40(2人)
4.石井一久(ドジャース)16(1人)

〇2003年 ア・リーグ 28人
1.アンヘル・ベローア(ロイヤルズ)88(12人)
2.松井秀喜(ヤンキース)84(10人)
3.ロッコ・バルデッリ(デビルレイズ)51(5人)

 ベローアと松井秀喜の大接戦になったが、NPBのスター選手だった松井秀喜に新人王資格があるかどうかが議論の的となった。

〇2004年 ア・リーグ 28人
1.ボビー・クロスビー(アスレチックス)138(27人)
2.高津臣吾(ホワイトソックス)44(1人)
3.ダニエル・カブレラ(オリオールズ)29(0人)

〇2004年 ナ・リーグ 32人
1.ジェイソン・ベイ(パイレーツ)146(25人)
2.カリル・グリーン(パドレス)108(7人)
3.大塚晶則(パドレス) 23(0人)
6.松井稼頭央(メッツ)1(0人)

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」