野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 争奪戦スタート 過去のFAを検証、多いオリ→阪神、西武は最多16選手流出

争奪戦スタート 過去のFAを検証、多いオリ→阪神、西武は最多16選手流出

日本野球機構(NPB)は14日、2018年度のフリーエージェント(FA)宣言選手を公示した。今オフは西武の浅村栄斗内野手、オリックスの西勇輝投手、広島の丸佳浩外野手が国内FAを、西武の中村剛也内野手、炭谷銀仁朗捕手が海外FAを宣言。中村はFA権を行使して西武に残留することが決まっており、残る浅村、西、丸、炭谷の4選手は、15日から全球団との交渉が可能となる。

FA宣言し争奪戦が予想される丸、浅村、西(左から)【写真:荒川祐史】
FA宣言し争奪戦が予想される丸、浅村、西(左から)【写真:荒川祐史】

広島から巨人にも川口、江藤、大竹の3選手が移籍

 日本野球機構(NPB)は14日、2018年度のフリーエージェント(FA)宣言選手を公示した。今オフは西武の浅村栄斗内野手、オリックスの西勇輝投手、広島の丸佳浩外野手が国内FAを、西武の中村剛也内野手、炭谷銀仁朗捕手が海外FAを宣言。中村はFA権を行使して西武に残留することが決まっており、残る浅村、西、丸、炭谷の4選手は、15日から全球団との交渉が可能となる。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 浅村には楽天、オリックス、ソフトバンクなどが、西には阪神、ソフトバンクらが、丸には巨人、ロッテなどが関心を示しているとされ、15日から争奪戦がスタートする。炭谷には巨人が獲得に乗り出すとされ、各選手の今後の動向が注目される。

 各選手の現所属球団のファンたちにとっては悩ましい期間となるだろう。特に浅村、炭谷が所属する西武ファンにとっては、もはやオフの恒例とも言える頭の痛い季節の到来だろう。

 西武はこれまでFAに泣かされてきた球団である。FA制度がスタートした1993年以降、1994年にダイエーへと移籍した工藤公康、石毛宏典を皮切りに16選手がFAで球団を去った。これは12球団で最多である。

 2010年に土肥義弘、細川亨、2011年に帆足和幸、ミンチェ、2013年には涌井秀章、片岡治大と一度に2人が流出した。2010年からは4年連続、そして2015年の脇谷亮太から、2016年の岸孝之、2017年の野上亮磨と3年連続でFA移籍が続いてる。浅村、炭谷がともに移籍となれば、4度目の2人同時流出、そして2度目の4年連続のFA移籍ということになる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」