野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ドジャース躍進の“舞台裏” 名門のブランドを高め続ける取り組みとは?

ドジャース躍進の“舞台裏” 名門のブランドを高め続ける取り組みとは?

「2018日米野球」のMLBオールスターチームに、最多の3選手を送り出していたのが、2年連続でワールドシリーズへ出場したドジャースだ。2013年には、翌年から始まる25年70億ドル(約7922億1000万円)以上の放映権契約をタイム・ワーナー・ケーブル社と結び話題になった。長期的な後ろ盾を得たチームは、14年から昨年まで30球団最高の選手年俸総額2億5000万ドル(約282億8000万円)超を記録している(Baseball Prospectus参照)。

「資本力」「チームの戦力」「ブランド力」を武器に飛躍を続けるドジャース【写真:(C)PLM】
「資本力」「チームの戦力」「ブランド力」を武器に飛躍を続けるドジャース【写真:(C)PLM】

2年連続ワールドシリーズ出場、ワーナーとの放映権契約は25年総額7922億円

「2018日米野球」のMLBオールスターチームに、最多の3選手を送り出していたのが、2年連続でワールドシリーズへ出場したドジャースだ。2013年には、翌年から始まる25年70億ドル(約7922億1000万円)以上の放映権契約をタイム・ワーナー・ケーブル社と結び話題になった。長期的な後ろ盾を得たチームは、14年から昨年まで30球団最高の選手年俸総額2億5000万ドル(約282億8000万円)超を記録している(Baseball Prospectus参照)。

【PR】プロ野球コンテンツを随時配信中! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 だが、今年のドジャースは戦力均衡税対策として選手の年俸総額を抑え、資金力だけが強さの理由でなかったことは見逃せない。球団のビジネスサイドも経営規模が拡大。前オーナー時代に下降線を辿っていた球団も、飛躍的な進化、復活を成し遂げ、チームの成績や収益額に表れている。

 メジャーリーグ有数の名門が大切にしている経営哲学とは。フロントオフィスで働くデビッド・シーゲル氏と佐藤弥生氏から、現場の声を聞く機会を得た。

 ドジャースに勤めて20年のシーゲル氏は社会現象となった“野茂マニア”を経験している。

「チケット窓口に、今まで見たことのない行列ができたのをよく覚えています。本当に凄い現象でした。韓国人投手のパク・チャンホが活躍したときにも共通しているのは、いい席がよく売れたことです。とても興味深いパターンでしたね」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」