野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【日米野球】MLB選抜の球宴三塁手、広島田中の遊撃守備を絶賛「センスいい」「気に入った」

野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが戦う「2018日米野球」で来日したエウヘニオ・スアレス内野手(レッズ)。今季メジャー5年目を終えた27歳三塁手は「今回の日米野球に参加して本当に良かった。日本のトップチームと対戦できたことはいい経験になったし、日本のファンに大歓迎してもらった。それにしても、侍ジャパンはレベルが高いと思う」と振り返った。

自慢の守備力でMLB選抜チームの内野手も感心させた侍ジャパン・田中広輔【写真:Getty Images】
自慢の守備力でMLB選抜チームの内野手も感心させた侍ジャパン・田中広輔【写真:Getty Images】

日米野球出場のスアレスが称賛「自分はタナカがとても気に入った」、本人も「ビックリ」

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが戦う「2018日米野球」で来日したエウヘニオ・スアレス内野手(レッズ)。今季メジャー5年目を終えた27歳三塁手は「今回の日米野球に参加して本当に良かった。日本のトップチームと対戦できたことはいい経験になったし、日本のファンに大歓迎してもらった。それにしても、侍ジャパンはレベルが高いと思う」と振り返った。

柳田悠岐は「スケールが違う」 日米野球で侍ジャパンの選手の明暗を分けた国際試合の「対応力」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今季は打率.283、34本塁打、104打点という打撃はもちろん、正三塁手としてチームに貢献。自身初のオールスター出場も果たしたスアレスは、試合中は自然と内野手の守備に目が向いていたという。その中でも目を惹いたのが、侍ジャパンで遊撃を守った田中広輔(広島)だったという。

「遊撃のタナカはセンスがいいと思う。目立たないかもしれないけど、打球への1歩目の反応だったり、捕ってから送球までの動きだったり。自分は元々ショートを守っていたから、二遊間や三塁手の動きには、とても興味があるんだ。侍ジャパンはいろいろな内野手を試しているようだったけど、自分はタナカがとても気に入ったよ」

 スアレスの評価を聞き、「ホントですか? うれしいですし、ビックリです」と驚きの表情を浮かべた田中広自身も、メジャーの守備に熱視線を送り、大いなる刺激を受けた。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」