野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

5年ぶりのFA市場参戦 なぜソフトバンクは浅村&西の両獲りを狙うのか?

ソフトバンクの2年連続日本一で幕を閉じた2018年のプロ野球界。オフシーズンに入り、目下の注目はFA権を行使した選手たちの動向となっている。今オフは西武の浅村栄斗内野手、中村剛也内野手、炭谷銀仁朗捕手、オリックスの西勇輝投手、そして広島の丸佳浩外野手の5人が権利を行使。中村は西武への“宣言残留”が決まり、残る4選手の去就が連日、メディアを賑わせている。

去就に注目が集まる浅村栄斗(左)と西勇輝【写真:荒川祐史】
去就に注目が集まる浅村栄斗(左)と西勇輝【写真:荒川祐史】

浅村の加入で内野の懸念は一気に解決、西は先発4、5番手を埋める

 ソフトバンクの2年連続日本一で幕を閉じた2018年のプロ野球界。オフシーズンに入り、目下の注目はFA権を行使した選手たちの動向となっている。今オフは西武の浅村栄斗内野手、中村剛也内野手、炭谷銀仁朗捕手、オリックスの西勇輝投手、そして広島の丸佳浩外野手の5人が権利を行使。中村は西武への“宣言残留”が決まり、残る4選手の去就が連日、メディアを賑わせている。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 このFA市場で主役となりそうなのが、6年連続でのFA補強を狙う巨人と、そして5年ぶりのFA市場に参戦するソフトバンクとなるだろう。巨人は丸と炭谷、そしてソフトバンクは浅村、西の両獲りを目指している。巨人のFA市場参戦は毎年のことだが、ソフトバンクの参戦は意外にも鶴岡慎也、中田賢一の2人を獲得した2013年オフ以来、5年ぶりだ。

 2年連続日本一に輝き、相変わらずの選手層の厚さを証明してみせたソフトバンク。15日に交渉が解禁され、すでに西、浅村両選手との交渉を済まし、ラブコールを送ったようである。充実の戦力を誇る中で、果たしてこの2人をチームに加える必要性はあるのだろうか。

 浅村の本職である二塁手は長年レギュラーが固定されなかったポジション。今季限りで引退した本多や明石、川島が務め、今季途中から牧原が台頭したものの、来季はまだ未知数。内野手全体を見回しても、来季いきなり台頭してきそうな若手の突き上げはない。さらには三塁の松田、一塁の内川が今季大不振。もちろん来季の復活を期待するのだが、その反面でもしもの場合の“備え”は必須だ。牧原、グラシアル、明石は外野もでき、浅村も二塁以外に一塁、三塁でもプレー可能だ。川島、西田といった面々に、まだ28歳の浅村まで加われば、向こう5年間は一塁、二塁、三塁の懸念が一気に解決できる。

 先発投手陣も他球団ほど困窮してないとはいえ、補強ポイントだ。現状で来季のローテとして固まっているのは千賀、東浜、バンデンハークあたりか。ミランダにはモイネロやスアレス、そして復帰するサファテらとの外国人枠の問題がつきまとう。武田、石川も先発に回る可能性はあるが、シーズン終盤からポストシーズンにかけての中継ぎでの働きから適性も感じられる。和田の復帰は不透明で、大竹や高橋礼も計算に入れるにはまだ早い。西が加われば、先発4番手、5番手を確固たるものにしてくれる。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」