野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平、二刀流起用に新戦法? オープナー採用、代打で登場→そのまま登板

大谷翔平、二刀流起用に新戦法? オープナー採用、代打で登場→そのまま登板

ベーブ・ルース以来の二刀流として、2018年のメジャーリーグを席巻したエンゼルスの大谷翔平投手。投手として10試合に先発して4勝2敗、防御率3.31の成績を残し、打者として104試合で326打数93安打22本塁打61打点の成績をマーク。右肘の靱帯損傷でシーズン後半は打者専念となったが、圧巻の活躍でア・リーグの新人王に輝いた。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

米テレビ局「CBSスポーツ」が大胆な戦略を提案

 ベーブ・ルース以来の二刀流として、2018年のメジャーリーグを席巻したエンゼルスの大谷翔平投手。投手として10試合に先発して4勝2敗、防御率3.31の成績を残し、打者として104試合で326打数93安打22本塁打61打点の成績をマーク。右肘の靱帯損傷でシーズン後半は打者専念となったが、圧巻の活躍でア・リーグの新人王に輝いた。

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 メジャーでもベーブ・ルース以外に前例のない二刀流での活躍。この大谷の活躍を受け、米テレビ局「CBSスポーツ」電子版では「オオタニとオープナーの年の後、MLBが2019年に採用するべき4つの大胆な戦略」と題した特集記事を掲載。その中で、今季、流行した“オープナー”と大谷のような二刀流選手を組み合わせるという大胆な戦法を提案している。

 この記事では「昨季は二刀流スターのショウヘイ・オオタニなど数多くの才能ある若い選手が現れ、オープナーなど(やや欠点もあるが)興味深い戦略も見られた」と、2018年シーズンに生まれた「二刀流」と「オープナー」の存在に着目している。
 
「オープナー」とは、今季メジャーで見られた戦術。救援投手を先発で起用し、その後に先発投手が出てきたり、細かく中継ぎ投手で繋いでいく戦術だ。主にレイズが採用し、先発投手を表す「スターター」と区別し「オープナー」と呼ぶようになった。

「CBSスポーツ」電子版は「そうした新しさは、選手であれ考えであれ、162試合のレギュラーシーズンが退屈にならないように新鮮味をもたらした。そして、ある疑問につながった。今後どのような戦略を見たいだろうか?」と題し、来季以降に向けて、新たな戦術を考案し、提案した。

 その1つが「二刀流の選手とオープナーを組み合わせる」というもの。「オオタニやタンパベイ・レイズのブレンダン・マッケイのような二刀流の選手を使うには良い手段のように思える」とし、理由を記している。記事では「2人ともア・リーグでプレーしているため、登板する日に打席に立つことはほぼない。我々は彼らが登板する日にDHを捨てることを提案する」と指摘する。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」