野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

「2000本安打は辞めてから振り返ればいい」 ホークス内川が求める理想の打撃とは

DAZNではオフの新番組「Home of Baseball」の配信を2日から開始。「プロ野球シーズンレビュー」では、今シーズンに様々な記録を打ち立てた選手が、2018年を振り返るインタビューを配信している。打者編では、5月9日の西武戦(メットライフドーム)で史上51人目の2000本安打を達成したソフトバンク・内川聖一内野手にインタビュー。2回目は、2000本安打という記録に対する思いを、内川本人が振り返る。

2000本安打という記録に対する思いを語ったソフトバンク・内川聖一【写真提供:DAZN「Home of Baseball」】
2000本安打という記録に対する思いを語ったソフトバンク・内川聖一【写真提供:DAZN「Home of Baseball」】

相手がイチローであっても、現役である限りは追いかけ追い抜く

 DAZNではオフの新番組「Home of Baseball」の配信を2日から開始。「プロ野球シーズンレビュー」では、今シーズンに様々な記録を打ち立てた選手が、2018年を振り返るインタビューを配信している。打者編では、5月9日の西武戦(メットライフドーム)で史上51人目の2000本安打を達成したソフトバンク・内川聖一内野手にインタビュー。2回目は、2000本安打という記録に対する思いを、内川本人が振り返る。

【PR】プロ野球オープン戦徹底ライブ中継 ベースボール観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 プロ18年、36歳で達成した2000本安打。しかし。内川は金字塔達成までの道のりを、「今考えるともっと早く打てたんじゃないかなっていう気持ちは強い」と振り返る。

「レギュラーを獲るまで8年かかりましたし、その8年間の間に、自分がもっともしかしたらできることがあったんじゃないかなって思いますし、もっと早くレギュラーを取っていれば、(2000本安打も)もっと早く達成してたはずなんで、18年という時間を考えると、自分が感じてるよりも時間がかかってるな……と思いますね」。

 どれだけの記録を打ち立てようが、決して満足せず、常にもっと野球がうまくなるための道を探し続けている。それが、内川聖一という男だ。

 2000本という数字に思い入れはないという。

「2000本打つことを目標にしてやってきたわけではないですし、かといって2000本で終わりだと思ってやってきたわけではないので、自分の中では何も思ってなかったんですが、周りから『それがすごいことなんだ』って自分の中にインプットされる感覚というものが、これだけすごいものなのかっていうのを改めて感じました」

 想像を絶するプレッシャーと戦い続けて手にした大記録だが、その数字に特別の意味を持たせることはない。「こういう数字っていうのは辞めた時に自分が頑張った結果として残ってる数字だと思いますんで、辞めた時に自分で評価してあげたいなと思います」という言葉に、現役選手としてのプライドがにじんだ。

 現役である以上、相手がレジェンドと呼ばれる人であっても、負けられないという気持ちだけは忘れない。

「イチローさんの記録を目の当たりにした時、オレまだ半分もいってないと正直思った。すごいなと改めて思いましたけれども、現役でやってる以上はそれをすごいと思っちゃいけないんじゃないかなと思ってるんですよね。自分が引退するところまでやり切って、やっぱりすごいなあの人(イチロー)の成績はって思えばいいので」

 前人未到の数字を残し続けるイチローであっても、現役である限りは追いかけ、追い抜くつもりだ。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」