野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 三振率上位占める阪神勢…中谷はじめ2割超え多数 三振率ランキング【セ編】

三振率上位占める阪神勢…中谷はじめ2割超え多数 三振率ランキング【セ編】

三振は、投手には最も安全なリザルトだが、打者にとっては「完敗」を意味する。しかし、思い切って振らなければ結果もついてこない、三振数は、打者にとって悩ましい数字ではある。

阪神・中谷将大(左)と陽川尚将【写真:荒川祐史】
阪神・中谷将大(左)と陽川尚将【写真:荒川祐史】

本塁打王のソトやバレンティンは比較的三振率低め

 三振は、投手には最も安全なリザルトだが、打者にとっては「完敗」を意味する。しかし、思い切って振らなければ結果もついてこない、三振数は、打者にとって悩ましい数字ではある。

【PR】プロ野球シーズンを振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 今季、セ・リーグで最も三振しやすかったのはどの打者か? 200打席以上立った打者の三振率(三振数÷打席数)20傑。参考までに本塁打数、打率もつける。

 セ・リーグで200打席以上は62人、そのうちの20傑。

1バティスタ(広).268(302打席81三振25本塁打 打率.242)
2中谷将大(神).264(246打席65三振5本塁打 打率.230)
3陽岱鋼(巨).261(276打席72三振10本塁打 打率.245)
4陽川尚将(神).254(299打席76三振6本塁打 打率.252)
5神里和毅(De).249(273打席68三振5本塁打 打率.251)
6阿部慎之助(巨).247(223打席55三振11本塁打 打率.247)
7ナバーロ(神).24444(225打席55三振3本塁打 打率.276)
8福田永将(中).24435(487打席119三振13本塁打 打率.261)
9嶺井博希(De).2435(230打席56三振5本塁打 打率.177)
10安部友裕(広).238(252打席60三振4本塁打 打率.236)
11ロサリオ(神).235(302打席71三振8本塁打 打率.242)
12丸佳浩(広).230(566打席130三振39本塁打 打率.306)
13大城卓三(巨).228(202打席46三振4本塁打 打率.265)
14植田海(神).226(243打席55三振0本塁打 打率.192)
15鈴木誠也(広).223(520打席116三振30本塁打 打率.320)
16ソト(De).218(459打席100三振41本塁打 打率.310)
17倉本寿彦(De).217(235打席51三振1本塁打 打率.232)
18バレンティン(ヤ).201(602打席121三振38本塁打 打率.268)
19松井雅人(中).196(260打席51三振2本塁打 打率.229)
20岡本和真(巨).195(616打席120三振33本塁打 打率.309)

 広島のバティスタが1位。ドミニカ共和国のカープアカデミー出身で、育成から這い上がった強打者だ。バティスタには常に「長打」が期待されている。それだけに三振が増えるのはやむを得ない部分もある。

 2位は阪神中谷。昨年、阪神生え抜きの右打者として2006年の濱中治以来11年ぶりで20本塁打を記録したが、今季は本塁打が激減。三振率だけが.211(455打席96三振)から.264と急増した。焦りのようなものを感じる。

 阪神の打者は軒並み三振率が2割を超えている。結果を求めてバットを振り回していたと言えなくもない。

 セ・リーグの三振王は広島の丸。今季もMVP級の活躍だったが、その代償として130もの三振を記録した。ただ四球も130ちょうど。収支ゼロというところか。

 今季本塁打王のソトや、38本塁打のバレンティンは三振率が2割ちょっと。それほど多いわけではない。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」