野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

元DeNA&鷹細山田がトヨタにもたらした相乗効果 指揮官「うちにはないものを」

2016年の都市対抗野球大会、2017年の日本選手権で優勝し、社会人野球の名門として知られるトヨタ自動車。2016年のドラフト3位で西武に源田壮亮内野手が、2017年のドラフト2位でロッテに藤岡裕大内野手が入団したのに続き、今年は富山凌雅投手がオリックスから4位指名を受けた。毎年主力選手がプロの舞台へ旅立つが、都市対抗には4大会連続、日本選手権には15大会連続出場を続けている。常勝と言われるチームづくりについて、2016年から指揮を執る桑原大輔監督に聞いた。

トヨタ自動車・桑原大輔監督【写真:篠崎有理枝】
トヨタ自動車・桑原大輔監督【写真:篠崎有理枝】

西武源田、ロッテ藤岡ら、毎年のようにプロ選手を輩出

 2016年の都市対抗野球大会、2017年の日本選手権で優勝し、社会人野球の名門として知られるトヨタ自動車。2016年のドラフト3位で西武に源田壮亮内野手が、2017年のドラフト2位でロッテに藤岡裕大内野手が入団したのに続き、今年は富山凌雅投手がオリックスから4位指名を受けた。毎年主力選手がプロの舞台へ旅立つが、都市対抗には4大会連続、日本選手権には15大会連続出場を続けている。常勝と言われるチームづくりについて、2016年から指揮を執る桑原大輔監督に聞いた。

 毎年プロ入りを掴む選手がいる一方で、チームにはプロの舞台にたどり着けない選手もいる。桑原監督は、そんな選手たちにはトヨタを引っ張っていく存在になり、社会人野球の醍醐味を楽しんでほしいという思いがある。亜細亜大学で藤岡とともに指名漏れを経験した北村祥治内野手は、社会人3年目の今年、プロへは進まずトヨタに残るという選択をした。

「北村はプロに行くことはできたと思いますが、残るという選択をしてくれた。一発勝負の面白さを感じているのだと思います。社員の皆さんの応援を背負って戦い、1つのミスが負けにつながる。リーグ戦にはない緊張感の中で戦います。社会人野球の面白さは、経験したことのある選手じゃないと分からないと思います」

 また、逆にプロから社会人野球に戦いの舞台を移す選手も、近年増えている。トヨタには、DeNAとソフトバンクでのプレー経験を持つ細山田武史捕手が2016年に加入したが、チームにいい影響をもたらしているという。

「いろいろな経験もあり、知識もある。うちにはないものを入れてくれています。逆に、細山田もうちに来て勉強していることもたくさんある。社会人は個人ではなく、チームで戦うというのが一番プロとは異なります。大学を出てすぐにプロ行っていますから、仕事をするということも勉強になっていると思います」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」