野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 呉昌征、郭泰源、呂明賜、陽岱鋼… 日本で花開いた台湾人選手の系譜

呉昌征、郭泰源、呂明賜、陽岱鋼… 日本で花開いた台湾人選手の系譜

日本ハムが、CPBL(台湾プロ野球)最高の打者と言われる王柏融との交渉権を獲得した。日本野球にとって、台湾は大きな役割を果たしてきた。これを機に、日本プロ野球における台湾選手が果たした役割について振り返ろう。

王貞治氏も台湾の英雄、現在は陽岱鋼が大スターに

 また、日本名で活躍した台湾人選手もいた。南海の岡村俊昭(台湾名、葉天送)は平安中に野球留学し、南海に入団。首位打者を1回獲得した。引退後は、鶴岡一人監督の右腕として打撃コーチなどを歴任。野村克也など多くの選手を指導した。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 台湾出身の日本人選手には、青バットで一世を風靡した大下弘や、西鉄の5番打者・関口清治などがいる。

 戦後、台湾は中華民国となり、日本から独立したが、野球の交流は続いた。

 王貞治は父が中国人、母が日本人。父は中国大陸の浙江省の出身だが、王がプロ入りすると台湾野球界は王を支援し、王夫妻は何度も台湾を訪れている。それが縁となり、1968年には巨人が台湾の台中で春季キャンプを行ったこともある。台湾の少年野球の優勝チームは、東京の王貞治を表敬訪問した。台湾の野球少年にとって、優勝して東京で王貞治に会うことが最高の目標となった。

 そんな中から、郭泰源(元西武)、郭源治(元中日)、大豊泰明(元中日、阪神)、陳義信(元中日)など、NPBで活躍する選手が出ている。1988年に巨人に入団した呂明賜は、デビュー戦から17試合で10本塁打と大暴れして、日本球界に旋風を巻き起こした。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」