野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2年連続日本一のホークスが断行した戦力整理…五十嵐、攝津ら19選手が戦力外

クライマックスシリーズ、日本シリーズと勝ち上がり、2年連続の日本一となったソフトバンク。とはいえ、パ・リーグでは西武にリーグ優勝を奪われて2位に終わり、悔しさを残した。当然、来季はリーグ優勝の奪還を目指して戦うことになり、それに向けて戦力の整備を進めていくことになる。

ソフトバンクから戦力外となった五十嵐亮太【写真:荒川祐史】
ソフトバンクから戦力外となった五十嵐亮太【写真:荒川祐史】

故障者に苦しむも後半戦で巻き返しリーグ2位

 クライマックスシリーズ、日本シリーズと勝ち上がり、2年連続の日本一となったソフトバンク。とはいえ、パ・リーグでは西武にリーグ優勝を奪われて2位に終わり、悔しさを残した。当然、来季はリーグ優勝の奪還を目指して戦うことになり、それに向けて戦力の整備を進めていくことになる。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! ソフトバンク戦を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 今季は相次ぐ故障者に苦しみ、一時はBクラスに転落。クライマックスシリーズの出場すら危ぶまれる危機的状況にあった。だが、そこは豊富な戦力層を誇る常勝軍団。アリエル・ミランダというシーズン中の補強、大竹耕太郎や高橋礼といった若手の抜擢が功を奏し、夏場にかけて一気にチーム状態を上向かせた。2位に終わったものの、中盤の苦戦を見れば、よく持ち直したと言えるだろう。

 日本一に輝いて迎えたオフだが、かなりドラスティックな戦力整理に踏み切った。日本一決定の翌日に五十嵐亮太投手や攝津正投手、寺原隼人投手、吉村裕基外野手、城所龍磨外野手といったベテラン勢に構想外を通告。育成で再契約を結んだ若手も含めて実に支配下で11選手を戦力外とした。現役を引退した本多雄一、そして育成選手も含めると20選手の人員が整理されたこととなる。

 今季で引退や戦力外となった主な選手の実績を振り返ってみよう。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」