野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 江夏豊、佐々木主浩、山田久志…名球会投手に聞く「打者・大谷どう攻める?」

江夏豊、佐々木主浩、山田久志…名球会投手に聞く「打者・大谷どう攻める?」

日本球界のレジェンドが一同に集まった、名球会ベースボールフェスティバル2018。新旧の名選手たちが集った場所で、夢のある質問を投げかけてみた。その2回目は『打者・大谷翔平と対戦したらどう攻めるか?』

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「素晴らしい打者なのであえて厳しい球を投げる」(江夏豊氏)

 日本球界のレジェンドが一同に集まった、名球会ベースボールフェスティバル2018。新旧の名選手たちが集った場所で、夢のある質問を投げかけてみた。その2回目は『打者・大谷翔平と対戦したらどう攻めるか?』

【PR】大谷翔平、衝撃のMLB1年目を振り返ろう! スポーツを観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 2018年のMLBはレッドソックスの世界一で幕を閉じた。海の向こうでは、今年も数多くの名シーンが生まれた。その中でも鮮烈であったのは「二刀流」大谷翔平の存在。投手としては右肘故障の影響もあり10試合の登板に終わったが、打者としてはほぼフルシーズンの活躍。114試合出場、22本塁打、61打点、打率.285の成績でア・リーグ新人王にも選出された。
 
「もともと投手としてアメリカからは声がかかったわけだから、その中で打者としてあれだけでの成績を収めるのがすごいことだよね」

 大谷の活躍を心から祝福しているようだったのは、南海、阪神、広島、日本ハム、西武で大活躍したサウスポー江夏豊氏。自らもメジャー挑戦経験があるため、大谷の実力を高く評価している。(1985年にブルワーズ挑戦)

「今も昔も変わらないのは、やはりパワーやスイングスピードは凄い。いくら大谷君の身体が日本人離れしているとしても、相当の準備をしていたことがわかる。まったく負けていないからね。そういう意味でも日本人野手がメジャーで結果を出すのは大変なこと。イチローは彼独特のプレースタイルだから、比較できない」

 打者・大谷を高く評価した江夏氏だが、対峙したらどのように勝負をするのだろうか。

「簡単に勝負して打ち取れるほど甘い打者ではない。どうしても厳しいコース、言葉は悪いけどぶつけることも覚悟で、内側を攻めることになる。内側を意識させないと、外側の緩い球も長いリーチで拾われてしまう。カウントの早い段階から厳しい勝負をどんどんすることになるだろうね。状況によっては胸元の危ない球も必要になるねえ」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」