野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ロッテ井口監督が語る成長した安田への期待 「一気に化けてもおかしくない」

昨季より順位を1つ上げたものの、結局リーグ5位でシーズンを終えた2018年シーズンのロッテ。監督1年目のシーズンを終えた井口資仁監督は、結果こそ出せなかったが、来季以降に向けて収穫と課題を手に入れた。

Full-Countの独占インタビューに応じたロッテ・井口監督【写真:佐藤直子】
Full-Countの独占インタビューに応じたロッテ・井口監督【写真:佐藤直子】

ルーキー安田の成長に感心「伸びしろを埋めていく、成長が本当に早い」

 昨季より順位を1つ上げたものの、結局リーグ5位でシーズンを終えた2018年シーズンのロッテ。監督1年目のシーズンを終えた井口資仁監督は、結果こそ出せなかったが、来季以降に向けて収穫と課題を手に入れた。主な収穫は、中村奨吾内野手や井上晴哉内野手ら「若手選手の奮起」。そして課題は「外野と先発投手の強化」だ。近い将来を見据えた戦力補強の第1弾となったのが、今年のドラフト1位で藤原恭大外野手を獲得したことだろう。ドラフト会議では、ロッテ、楽天、阪神の3球団が1位指名し、抽選の結果、井口監督自ら交渉権を獲得。当たりくじを引き当てた時に指揮官が見せたガッツポーズは記憶に新しい。来季の戦力を監督はどう見るのか。

――ドラフト1位で念願の外野手、藤原選手を獲得しました。何を期待しますか。

「まだまだ高校生なんで、即戦力というよりは、しっかり基礎を作ってもらいたいですね。そして、5年後、10年後のマリーンズを引っ張っていってもらえたらいいと思います。

 でも、1年目からいい刺激にはなってくれると思うんですよ。安田(尚憲)も1年目に60打席立って、なかなか期待させるものを見せてくれた。藤原も春キャンプでは一応オープン戦最後くらいまで1軍に帯同させようと思います。まずは1軍のレベルを経験させて、感じてもらって、成長の1つになったらいいなと。もしかしたらマッチする可能性もありますし」

――今季ルーキーだった安田選手は、U-23W杯でも活躍するなど、いい成長を遂げました。

「そうですね。伸びしろを埋めていく、成長が本当に早い。一気に化けてもおかしくないくらいの物は持っているので、ウインターリーグに行って、あと2か月どう成長するのか期待しています」

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」