野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 広島
  • 「黒田さんと話していたようなチームに」―新井貴浩氏が語り尽くす広島の強さ

「黒田さんと話していたようなチームに」―新井貴浩氏が語り尽くす広島の強さ

2018年シーズンを最後に、20年間の現役生活にピリオドを打った広島の新井貴浩氏。DAZNでは、オフの新番組「Home of Baseball」の配信を開始。「カープ優勝の軌跡」(11月30日~投手編、12月7日~守備・走塁編、12月14日~打撃編)では新井氏へのロングインタビューを行った。

自らの歩んできた道について語った新井貴浩氏【写真提供:DAZN「Home of Baseball」】
自らの歩んできた道について語った新井貴浩氏【写真提供:DAZN「Home of Baseball」】

ベテランも若手もなし、コミュニケーションこそが広島の強さの源

 2018年シーズンを最後に、20年間の現役生活にピリオドを打った広島の新井貴浩氏。DAZNでは、オフの新番組「Home of Baseball」の配信を開始。「カープ優勝の軌跡」(11月30日~投手編、12月7日~守備・走塁編、12月14日~打撃編)では新井氏へのロングインタビューを行った。2016年に現役引退した黒田博樹氏とともに、広島のレジェンドとして巨人に続く2球団目となるセ・リーグ3連覇に貢献した新井氏が、カープへのチーム愛、選手たちとの絆、自らの歩んできた道について語り尽くした。第1回は、再び黄金時代を迎えた広島というチームの強さの源について。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 広島の戦いぶりには、とにかく選手間の信頼感が厚いことがうかがえるシーンが多い。その雰囲気は、どこから出てくるのか。2015年シーズン、新井氏は阪神から広島へ復帰したが、時を同じくして黒田氏もMLBヤンキースから広島へ復帰。レジェンド2人は、バリバリの若手だった頃から、お互いに話していたことがあったという。

「僕がまだ若い頃、黒田さんと、ピッチャーはピッチャー、野手は野手でバラバラになったら絶対に勝てない。特にカープというチームはピッチャーと野手がしっかりと一丸となってやっていかないと絶対勝てない。だから、うまくコミュニケーションを取りながらやっていこうなってずっと話してたんですよね」

 選手同士が積極的にコミュニケーションを取ることで一丸となり、その雰囲気が若手を育て、次の主力として成長していくという好循環が、広島の強さを支えている。

「やはり家族的なところじゃないですかね。技術的に素晴らしい選手っていうのは今たくさんいます。それはもちろんですけれども、やっぱり気持ちの部分が結構通じあってるので、グッと結束できますよね。すごく良いチームになっていると思います」。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」