野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

巨人中島と“再戦”を心待ちにするオリベテラン捕手 「お互い1軍にいれば」

プロ野球はオフシーズン真っただ中。各選手たちは自主トレ、契約更改など来季に向けすでに動きだしている。オリックスのベテラン捕手も球団施設で汗を流していた。見慣れないグラブを片手に……。

中島のグラブを片手に、トレーニングに励むオリックス・山崎勝己【写真:橋本健吾】
中島のグラブを片手に、トレーニングに励むオリックス・山崎勝己【写真:橋本健吾】

巨人に移籍した中島とオリックス山崎勝は地元が一緒の幼馴染

 プロ野球はオフシーズン真っただ中。各選手たちは自主トレ、契約更改など来季に向けすでに動きだしている。オリックスのベテラン捕手も球団施設で汗を流していた。見慣れないグラブを片手に……。

 現在、36歳の山崎勝己は来シーズンは野手最年長で現役19年目をスタートすることになる。小谷野栄一内野手が現役を引退、同い年の中島宏之内野手は巨人に移籍することになった。「内外野と比べると捕手は少し特別なポジションですが、少し寂しい気持ちもある」。トレーニングを終えたベテラン捕手は寂しそうに口にした。

 秋季キャンプを免除されたが体を休めることなくトレーニングを続けている。普段と1つだけ違うところは、キャッチャーミットではなく内野用のグラブを使用していることだ。「記念にもらったんですよ。形見として」と笑いながら見せてくれたのは、黒を基調とし「Nakajima」と刺繍されたグラブだった。

 山崎勝と中島は地元が一緒の幼馴染。小学校時代はバッテリーを組み、高校は山崎勝が報徳学園、中島は伊丹北に進学し共に甲子園を目指した。その後はダイエー、西武と2人とも高卒でプロ入り。オフには自主トレを一緒に行うなどプライベートでも親交は続いた。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」