野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

最多ホールド目指すロッテドラ2東妻 西武ドラ1松本が「一番のライバル」

ロッテからドラフト2位指名された東妻勇輔投手は、智弁和歌山高卒業後、日本体育大学に進学。2年春からリーグ戦で登板すると、3年春に最優秀投手、3年秋にリーグMVPを獲得し、明星大学戦でノーヒットノーランを達成するなど、エース格として活躍した。

入団会見に臨んだロッテドラフト2位・東妻勇輔【写真:(C)PLM】
入団会見に臨んだロッテドラフト2位・東妻勇輔【写真:(C)PLM】

日体大では2年春からリーグ戦登板、今秋は防御率0.98

 ロッテからドラフト2位指名された東妻勇輔投手は、智弁和歌山高卒業後、日本体育大学に進学。2年春からリーグ戦で登板すると、3年春に最優秀投手、3年秋にリーグMVPを獲得し、明星大学戦でノーヒットノーランを達成するなど、エース格として活躍した。

【PR】移動の多い斉藤和巳氏がDAZN(ダゾーン)を活用するワケ 「文字だけでは…」

 4勝2敗、防御率1.30の成績を残した4年春のリーグ戦は、ドラフト候補として注目を浴びたことで「気負いすぎた面があった」と言うが、秋は防御率0.98と抜群の安定感を示し、自己最速の155キロも計測。「秋はそこそこいい成績が残せた。(注目されることは)最初は気にしていましたけど、最後の方は全然気にならなかったですね」

 4年間の大学生活における大きな存在として、東妻は2人の投手の名前を挙げる。1人は同じ大学で「一番のライバル」と言う西武のドラフト1位・松本航だ。「身近にすごい選手がいたので、その背中を追いかけてやってきました。必死に食らいついていった4年間でした」。練習から常に意識し、切磋琢磨しながら4年間を過ごした。

 ドラフトでは松本が1位指名で、東妻が2位指名。それに関しては「妥当かなというのはあるので、悔しさはないです」と話し、「今は負けている分、一緒にプロに行けたので、そこで見返してやると思っていますね」と決意を述べた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」