野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

3連覇も丸移籍で変革期迎える広島 日本一への鍵を握る2人の「ハズレ1位」

安部友裕と野間峻祥。表立って目立つ存在ではないが、カープに欠かせない選手だ。堅守、巧打の左打者、似たタイプに見られがちだが、立ち位置はまったく異なる。悲願達成に欠かせない2つのピースに迫った。

広島・安部友裕(左)、野間峻祥【写真:荒川祐史】
広島・安部友裕(左)、野間峻祥【写真:荒川祐史】

安部と野間は「ふるい落すための打席」を勝ち抜いてきた選手

 安部友裕と野間峻祥。表立って目立つ存在ではないが、カープに欠かせない選手だ。堅守、巧打の左打者、似たタイプに見られがちだが、立ち位置はまったく異なる。悲願達成に欠かせない2つのピースに迫った。

【PR】今季は国内外合わせて1450試合以上を配信! プロ野球を観るなら「DAZN」、”初月無料キャンペーン”実施中

 リーグ3連覇を果たした2018年オフ、広島は1つの変革期を迎えている。中心選手だった丸佳浩がFAで巨人移籍。優勝を争う大本命のライバル球団は日に日に戦力補強を重ねている。しかしチーム周辺から焦りの声を聞くことはない。これまでやってきたことを信じ抜き、地に足をつけ来るべきシーズンに備えている。

 日本シリーズ終了直後からの秋季キャンプでは伸び盛りの選手を中心に連日、激しい練習がおこなわれた。その中に安部と野間がいた。

「自分の確固たる場所を勝ち取ったり、実戦で結果を残せるというのはタイミングが重要だと思う」

 こう切り出してくれたのは、東出輝裕打撃コーチ。身体は大きくなかったが、抜群の野球センスと俊足を武器にチームを引っ張り、日本代表にも選出されている。

「極端な言い方をすれば、例えば打者には振るい落とすための打席がある。開幕直後、投手を多めに登録したい時など、点差が開いていたりしたら大きな期待をかけず打席へ送る。そこで結果を出せばそのまま1軍だけど、ダメならちょっと2軍で調整となる。当落線上の選手というのはそういうものです。そういう意味では2人はその中で生き残ってきているとは言える打者だと思う」

 若手がチャンスをものにしてレギュラーとして結果を残すためには、タイミングが重要だという。しかしタイミング=運のみではなく、ベースとなる確固たる実力が重要なのは言うまでもない。安部と野間に関して語ってくれた。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」