野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

「大阪桐蔭の選手にプロで勝つ」履正社出身の明大右腕、悔しさバネに誓う雪辱

今年のドラフトで4球団が競合し中日に入団した根尾昂内野手や、3球団が競合しロッテに入団した藤原恭大外野手ら4名がプロ入りを果たした大阪桐蔭。2017年のセンバツ優勝、2018年には史上初2度目の春夏連覇を成し遂げるなど、圧倒的な強さを誇っている。その大阪桐蔭としのぎを削った履正社から今春明大に進んだ竹田祐投手は、高校の3年間「大阪桐蔭だけには負けられない」という思いを胸に練習に励んでいた。しかしその壁は厚く、3年間で甲子園は春1回、夏1回の出場に留まった。

明治大学・竹田祐【写真:篠崎有理枝】
明治大学・竹田祐【写真:篠崎有理枝】

今春、履正社から明大に進学した竹田祐投手の今

 今年のドラフトで4球団が競合し中日に入団した根尾昂内野手や、3球団が競合しロッテに入団した藤原恭大外野手ら4名がプロ入りを果たした大阪桐蔭。2017年のセンバツ優勝、2018年には史上初2度目の春夏連覇を成し遂げるなど、圧倒的な強さを誇っている。その大阪桐蔭としのぎを削った履正社から今春明大に進んだ竹田祐投手は、高校の3年間「大阪桐蔭だけには負けられない」という思いを胸に練習に励んでいた。しかしその壁は厚く、3年間で甲子園は春1回、夏1回の出場に留まった。

 竹田は「大阪桐蔭を倒して甲子園に行きたい」という思いから履正社に進学。大阪桐蔭は寮生活だが、履正社は自宅通学。通学に1時間かかり、最初は時間の使い方に戸惑ったというが、次第にその生活にも慣れ、自分の時間も作れるようになった。しかし、1年の秋に思うように投げられず「辞めたい」と思う日々が続いた。

「2強だと思っています。絶対に桐蔭には負けられないという気持ちでいつも練習していました。でも、1年の秋に思うように投げられなかったときは『もう辞めるんかなぁ』と思いました。投げられなかったのでショートをやったんですが、大会で負けてどっちも中途半端になって。子供の時からずっとピッチャーだったので、いい経験かなと思ったんですが、どっちも上手くいかなくて、戻る場所がなくなってしまいました」

 悩んだ末に、食事やトレーニングで体を大きくすることを決意。2年春までに体重を10キロ増やしたところ、球速が140キロを記録し再びピッチャーとしてマウンドに立つことになった。そして、エースとして挑んだ3年春のセンバツ決勝で、3-8でライバルに敗退。リベンジを誓った夏の府大会準決勝で再び大阪桐蔭と対戦したが、4-3から7回に逆転を許し、9回に突き放され4-8の完投負けを喫した。

「春負けて、夏は絶対勝って甲子園に行こうってみんなで話していました。『絶対に桐蔭に勝つ』と思って練習して、桐蔭のことしか考えていませんでした。どうしても勝ちたかったんですけど、自分が打たれて最後に突き放されて負けて、みんなに申し訳なくて。最後の夏は絶対に甲子園に出たかったです。だからめちゃくちゃ悔しかった。その日は『負けたんかぁ』と思って、寝られなかったです」

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」