野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

  • HOME
  • 高校野球
  • グラウンド共用、休日は清掃活動など行う富岡西…21世紀枠候補校、推薦理由は?

グラウンド共用、休日は清掃活動など行う富岡西…21世紀枠候補校、推薦理由は?

日本高野連は14日に来春の第91回選抜高等学校野球大会の21世紀枠の候補校9校を発表した。21世紀枠は練習環境、地域貢献などが選考条件となり、各9地区から推薦される。そこで、ここでは推薦された9校の推薦理由などを紹介。今回は四国地区の富岡西高校だ。(主催者発表文より一部抜粋)

高野連が来春選抜の21世紀枠候補9校を発表
高野連が来春選抜の21世紀枠候補9校を発表

21世紀枠の制度ができた2001年には徳島県推薦校で四国地区候補の第1号となった

 日本高野連は14日に来春の第91回選抜高等学校野球大会の21世紀枠の候補校9校を発表した。21世紀枠は練習環境、地域貢献などが選考条件となり、各9地区から推薦される。そこで、ここでは推薦された9校の推薦理由などを紹介。今回は四国地区の富岡西高校だ。(主催者発表文より一部抜粋)

【PR】セ・リーグを代表する選手たちのオリジナルコンテンツも セ界を変えるエネルギーを。「JERA セ・リーグ」特設サイト

 1896年に徳島県尋常中学校第二分校として開校し、今年で創立122周年を迎えた徳島県南部を代表する高校。校訓は「質実剛健」、校風は「文武両道」で、勉学だけでなく部活動にも精力的に取り組んでいる。

 野球部は1900年創部で今年119年目。県内で2番目に古い野球部で、保護者や兄弟が野球部OBという部員も多い。2005年から徳島・脇町・富岡の旧制3中学校OBにより、「野球」の名付け親で旧制脇町中学校の中馬庚校長を記念した「中馬野球大会」が明治時代のクラシックなベースボールスタイルで行われている。

 これまで春季徳島大会優勝3回、準優勝2回で春季四国大会出場2回、夏の選手権徳島大会ベスト7回、秋季四国大会には今秋を含め5回出場している。また21世紀枠の制度ができた2001年には徳島県推薦校で四国地区候補の第1号となった。前年に四国大会初勝利を挙げた2008年を含め、これまで2度四国地区候補校になったが、甲子園出場は叶っていない。なお、秋季四国大会に初出場した1983年当時の監督は、野球部OBで当時22歳、教員生活1年目だった現在の小川浩監督である。

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」