熊本西は野球普及・地域活性化班を新設し工夫と改革…21世紀枠候補校、推薦理由は?

高野連は来春選抜の21世紀枠の候補校9校を発表した【写真:Getty Images】
高野連は来春選抜の21世紀枠の候補校9校を発表した【写真:Getty Images】

昭和60年に第67回選手権大会で甲子園に出場

 日本高野連は来春の第91回選抜高等学校野球大会の21世紀枠の候補校9校を発表した。21世紀枠は練習環境、地域貢献などが選考条件となり、各9地区から推薦される。そこで、ここでは推薦された9校の推薦理由などを紹介。今回は九州地区の熊本西高校だ。(主催者発表文より一部抜粋)

 熊本市西部の歴史ある地区に位置し、周囲は自然豊かで田畑が広がる。校訓の「清・明・和」を根幹とし、知・徳・体の調和のとれた教育を通して、世界的視野に立った日本人の育成を目指している。創立44年目を迎え、普通科7クラスと普通科体育コースと理数科が設置されている。部活動は盛んで、ラグビー部、なぎなた部、陸上部、柔道部、水泳部、ウェイトリフティング部などが全国大会に出場を果たしている。ほとんどの生徒が地元中学校の出身。地域に根ざし、昭和54年度から続いている地元神社での清掃ボランティア活動で表彰を受けている。

 野球部創部は昭和51年で、昭和60年に第67回選手権大会で甲子園に出場。2回戦で東農大二(群馬)に敗れた。その後、甲子園出場はない。夏の熊本大会は2年連続初戦敗退で、その悔しさを知る2年生が中心になってチームを立て直し、今秋の快進撃に繋がった。「試合は勝負、練習は教育」の信念のもと、全員で練習に取り組み、全員でグラウンド整備に取り組む。部室管理班、ネット管理班、天気掌握班、野球普及・地域活性化班などユニークな班編成を組み、独自の視点で部活動の工夫に努めている。

人間力の育成を重視「社会人としてのレギュラー」を目指す

RECOMMEND

RELATED

CATEGORY