野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • セ・リーグ
  • 巨人
  • 巨人マシソン、地元メディアで“日本愛”語る ファンは「熱狂的」で「礼儀正しい」

巨人マシソン、地元メディアで“日本愛”語る ファンは「熱狂的」で「礼儀正しい」

巨人のスコット・マシソン投手は、2019年に来日8年目を迎える。今季は8月に左膝のクリーニング手術を受けたこともあり、34試合登板で0勝3敗8セーブ14ホールド、防御率2.97。しかし、日本通算7年間で393試合登板、25勝27敗53セーブ、166ホールド、防御率2.36と好成績を残し、巨人のブルペンを支え続けている。

巨人移籍前はフィリーズに在籍していたスコット・マシソン【写真:Getty Images】
巨人移籍前はフィリーズに在籍していたスコット・マシソン【写真:Getty Images】

母国カナダメディアがインタビュー「降板時に拍手。フィラデルフィアならビールを投げられる」

 巨人のスコット・マシソン投手は、2019年に来日8年目を迎える。今季は8月に左膝のクリーニング手術を受けたこともあり、34試合登板で0勝3敗8セーブ14ホールド、防御率2.97。しかし、日本通算7年間で393試合登板、25勝27敗53セーブ、166ホールド、防御率2.36と好成績を残し、巨人のブルペンを支え続けている。

【PR】いよいよ3月23日から巨人戦のライブ配信がスタート 巨人戦を観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

 現在、米フロリダ州の自宅で左膝のリハビリに励んでいる剛腕は、母国カナダのメディア「デイリーハイブ・バンクーバー」に登場。「バンクーバー生まれの大リーグ投手(スコット・マシソン)は日本で伝説となった」との見出しでインタビュー記事と約36分のインタビュー映像を掲載しているが、これまでメジャー球団からオファーを受けながらも巨人でプレーすることを選んできたマシソンが、日本への強い愛着を示している。

 マシソンが巨人へやってきたのは12年シーズン。4月18日の中日戦で来日初登板したが、その光景は今でも鮮明に覚えているという。インタビューで「マウンドでゾクゾクしました。クールな経験で、今までとは違った。火曜日、水曜日の夜でも5万人の観客がいるんです。彼らは立って応援する」と熱狂的な日本の野球ファンについて表現。さらに、「クレイジーなのは、良いパフォーマンスでなかったとしても、素晴らしい熱狂的なファンたちが拍手をしてくれることです。ネガティブなことはないですね。とても良い雰囲気です。イニングの途中で降板する時でも、礼儀として拍手されるんです。(フィリーズの本拠地)フィラデルフィアならビールを投げられているよ」と明かしている。

人気記事ランキング

  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」