野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 海外
  • “約束”が違う!? 韓国の史上最強助っ人投手「再契約すると伝えられたのに…」

“約束”が違う!? 韓国の史上最強助っ人投手「再契約すると伝えられたのに…」

KBOの助っ人として史上最多の勝利数を誇るダスティン・ニッパート投手が、シーズン後に“約束”どおりに再契約しなかった韓国球団に不満を漏らしている。米紙「ニューヨーク・タイムズ」と連携し、韓国で英字新聞を発行している「Korea Joongang Daily」が伝えている。

韓国球界で通算102勝を誇るダスティン・ニッパート(写真はレンジャーズ時代)【写真:Getty Images】
韓国球界で通算102勝を誇るダスティン・ニッパート(写真はレンジャーズ時代)【写真:Getty Images】

韓国通算102勝を誇るニッパート、身体検査で問題なしも再契約ならず…

 KBOの助っ人として史上最多の勝利数を誇るダスティン・ニッパート投手が、シーズン後に“約束”どおりに再契約しなかった韓国球団に不満を漏らしている。米紙「ニューヨーク・タイムズ」と連携し、韓国で英字新聞を発行している「Korea Joongang Daily」が伝えている。

【PR】松田宣浩はなぜ「熱男」でいられるのか 「アミノバイタルR」は「なくてはならないもの」

 ニッパートは2005年にメジャーデビューし、ダイヤモンドバックス、レンジャーズでプレー。レンジャーズでは2010年に38試合に登板(2先発)し、4勝5敗5ホールド、防御率4.29の成績で地区優勝に貢献。シーズン終了後にFAとなり、2011年1月に斗山ベアーズと契約した。

 斗山では2016年に22勝(3敗)で最多勝を記録するなど、7シーズンで6度の2桁勝利をマークしてきた。通算94勝(43敗)を誇り、今季はKTウィズに移籍。29試合登板(28先発)で8勝8敗、防御率4.25の成績だった。通算102勝は韓国プロ野球での助っ人投手の最多記録となっている。

 ただ、来季の契約は現時点で決まっていないという。「ダスティン・ニッパートはとにかく野球をプレーしたいと思っている」とのタイトルがつけられた記事では、「KBOで8シーズンプレーしたダスティン・ニッパートは、球界(KBO)でもう1年、彼にプレーするチャンスを与えてくれる球団を探しているところである」と現状を紹介。韓国での8年間のキャリアは「輝かしい功績」と記しつつ、来季の契約を希望する球団がないと伝えている。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」