野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 大谷翔平
  • 大谷翔平はなぜ米国でも愛されるのか 「大谷本」作者がTV番組で語った“魅力”

大谷翔平はなぜ米国でも愛されるのか 「大谷本」作者がTV番組で語った“魅力”

エンゼルスの大谷翔平投手は移籍1年目の開幕直後に二刀流でメジャーを席巻した。右肘靭帯損傷での離脱があり、後半戦はほぼ打者に専念したものの、新人王を受賞。大谷はなぜこれほどまでに米国ファン、メディア、そして、同じ選手たちの心を掴むことができたのか。11月に米国で発売された「大谷本」の作者が、その“魅力”について語っている。

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

「大谷本」の作者が米TV番組で二刀流右腕の凄さを語り尽くす

 エンゼルスの大谷翔平投手は移籍1年目の開幕直後に二刀流でメジャーを席巻した。右肘靭帯損傷での離脱があり、後半戦はほぼ打者に専念したものの、新人王を受賞。大谷はなぜこれほどまでに米国ファン、メディア、そして、同じ選手たちの心を掴むことができたのか。11月に米国で発売された「大谷本」の作者が、その“魅力”について語っている。

【PR】オフシーズンもプロ野球コンテンツが盛りだくさん! スポーツを観るなら「DAZN」、“初月無料キャンペーン”実施中

「Shohei Ohtani 日本の二刀流スーパースターのアメージングな物語」の作者、ジェイ・パリス氏は米テレビ局「MLBネットワーク」の番組「MLB Now」に出演。ESPNやMLBネットワークで司会を務めるブライアン・ケニー氏と対談した。まずパリス氏が絶賛したのは、大谷の選手としての圧倒的な能力の高さだ。

「彼は500フィート(約152メートル)の打球を放ち、100マイル(約161キロ)の球を投げ、一塁べースを4秒以内に駆け抜ける。特にスプリングトレーニングでは彼は大苦戦していたため、同じ活躍をこのメジャーでできるのかどうか、疑いの声がありました。けれども、彼は非常に準備ができていました。あらゆる面で素晴らしかったのです。あなたはもしかしたら彼のことを不安視していたかもしれませんが」

 大谷はオープン戦では苦戦し、開幕をマイナーで迎えるべきという辛辣な声も少なくなかった。ただ、司会者のケニー氏も当初から大谷の活躍を信じていたという。「彼には落ち着きも気品もありました」と答えた上で、打撃については「確かに疑問はあった」と認めたものの、「バランスと目の良さ」が素晴らしかったと言及している。

 パリス氏も「(体の動きの)柔らかさですね。ボディーコントロールと言いますか。スイングに乱暴さが見えません。投球のリリースの時も、滑らかさがあるのです」「彼が(開幕をマイナーではなく)メジャーでプレーできて嬉しかったです。“素晴らしいスーパースターの3A選手”では、聞こえは良くありませんからね」と笑顔で振り返る。そして、大谷は実際に周囲の予想を大きく上回るパフォーマンス、結果を見せることになった。

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」